高松市美術館公式サイト

特別展 高松コンテンポラリーアート・アニュアルvol.05
「見えてる風景/見えない風景」
2016年10月8日(土)~2016年11月6日(日)

年に一度の現代アートのグループ展「高松コンテンポラリーアート・アニュアル」。6回目の開催となる今回のテーマは「見えてる風景/見えない風景」です。
出品アーティストは、流麻二果、谷澤紗和子、伊藤隆介、来田広大の4人とドットアーキテクツの1組です。
流 麻二果(ながれ まにか/1975~)の、一見抽象に見える画面には、彼女の関心の先にある人の気配や移ろいゆく自然への思いが、瑞々しい色彩をまとい空間の中で響きあい、生命感にあふれた風景へと誘います。
また、高松市美術館にとって初の建築家グループの紹介となるドットアーキテクツ(2004年共同設立)は、建築設計に留まらず他分野の人々と恊働により様々な企画に携わってきましたが、今回はシンプルな素材のせめぎ合うことで自立する構造体により、展示空間に漂流の情景を立ちあげることでしょう。
谷澤紗和子(たにざわ さわこ/1982~)は、光源を伴う切り紙のインスタレーションにより、「妄想力の依り代(よりしろ)」としての空間を作り上げ、風景の向こう側にある見えない世界と交感する窓を開いてくれるでしょう。
実験映画で知られる伊藤隆介(いとう りゅうすけ/1963~)は、自作のミニチュア・セットと、それをCCD小型カメラで撮影したライブ映像を同時に展示する方法で、見る者の記憶や現実感を静かに且つユーモアを持って揺さぶるものです。
来田広大(きた こうだい/1985~)は、山をフィールドワークの拠点とし、視界が開けたところにある俯瞰的な風景を、儚い素材であるチョークで描くことで、場所と人との記憶のあわいをつないで見せます。
車窓から見える風景はひとつとして同じものはなく、敷かれた線路の後方、また視線の向こう側には、見ることが叶わない風景が無限に続いています。見えている「現実」の風景と共に、そうした見えない風景や、見えないことにしている風景が誰にとっても確かに存在しているのではないでしょうか。アーティストたちがどのように外界との関係を捉え表現し、紡ぎなおそうとしているものか。4人と1組のアーティストたちが織り成す「見えてる風景/見えない風景」の中に入り込み、新たな風景との出会いをお楽しみください。

展覧会基本情報

会期:
2016年10月8日(土)~2016年11月6日(日)
会場:
高松市美術館
休館日:
会期中無休
開館時間:
9:30~19:00
(但し日曜日は17:00閉館/入室は閉館30分前まで)
主催:
高松市美術館
後援:
朝日新聞高松総局 RSK山陽放送 RNC西日本放送 NHK高松放送局 OHK岡山放送 KSB瀬戸内海放送 産経新聞社高松支局 山陽新聞社 四国新聞社 TSCテレビせとうち 毎日新聞高松支局 読売新聞高松総局     
助成:
公益財団法人朝日新聞文化財団 公益財団法人三菱UFJ信託地域文化財団
協力:
一時画伯 片岡慎策(構造家) 株式会社フジサワ・コーポレーション 黒飛忠紀(幸せ工務店) 児玉画廊 ユカ・ツルノ・ギャラリー
観覧料:
【一般】800円(640円)※65歳以上も一般料金
【大学生】500円(400円)
【高校生以下】無料
※( )内は前売り及び20名以上の団体料金
※「瀬戸内国際芸術祭2016」会期中、作品鑑賞パスポートをご提示いただくと( )内の料金でご覧いただけます。
※身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳所持者は入場無料
※前売チケットは、美術館1階受付、高松市役所生協、ゆめタウン高松サービスカウンター、
宮脇書店本店及び南本店にて10月7日(金)まで販売
※共通定期観覧券についてはこちらから
お問い合わせ先
高松市美術館
TEL 087-823-1711

関連イベント

アーティスト&アドバイザー・トーク

内容:
出品作家と本展アドバイザーが、自身の創作や今回の展示などについて、トーク、ディスカッションします。
開催日時:
Ⅰ:10月8日(土)14:00~16:30(開場13:30) 出演:全出品作家・藤浩志(本展アドバイザー)
Ⅱ:10月30日(日)15:30~17:00(開場15:00) 出演:ドットアーキテクツ(出品作家)・木ノ下智恵子(本展アドバイザー)
会場:
Ⅰ・Ⅱともに高松市美術館1階講堂
  
入場料:
Ⅰ・Ⅱともに無料
お申込み:
Ⅰ・Ⅱともに先着150人

ダンス公演『よそごとでない地 Too Close to Home』

開催日時:
2016年10月8日(土)18:30~19:00
会場:
高松市美術館2階展示室の流麻二果スペースにて
振付・出演:
遠田 誠 鈴木 美奈子
     
構成・演出 :
     
遠田 誠
    
企画構成・舞台美術・衣装:
流 麻二果
    
音楽・音響:
Dill
    
装置協力:
唐國志穂
    
衣装協力:
西岡七歩子
    
制作:
嶋廻安寿子
    
企画協力:
住吉智恵(TRAUMARIS)
    
協力:
ユカ・ツルノ・ギャラリー
入場料:
展覧会観覧券が必要

伊藤隆介 ワークショップ「手描きのアニメを作ろう!」

内容:
16mmフィルムに絵を描いて、アニメを作って上映します。
 
開催日時:
2016年10月8日(土)10:30~12:30
会場:
高松市美術館3階講座室
講師:
伊藤隆介
     
対象:
    
小学生~大人
  
受講料:
500円
お申込み:
先着15名/9月15日(木)8:30より電話受付(087-823-1711)

谷澤紗和子 子どものアトリエ「光のどうぶつ」

内容:
切り紙を作って、懐中電灯で鑑賞を楽しみます。
開催日時:
2016年10月9日(日)10:00~11:30
会場:
高松市美術館1階講堂
講師:
谷澤紗和子
     
対象:
    
5歳児~大人(未就学児は保護者同伴)
受講料:
500円
お申込み:
先着30名/9月15日(木)8:30より電話受付(087-823-1711)

来田広大 公開制作+ワークショップ「鳥の目になって地図を描く」

  
内容:
上空から見た高松の地図を元に、大きな黒板シートにチョークで地図を描きます。
 
開催日時:
 
公開制作/2016年10月9日(日)11:00~15:00(13:00より参加自由)
会場:
高松市美術館1階エントランスホール
  
参加料:
無料
お申込み:
不要

ドットアーキテクツ ワークショップ「EXPLORING THE CITY」 

  
内容:
美術館を出発し、まち歩きをしながら、まちを観察・探検します。
 
開催日時:
 
2016年10月30日(日)10:00~15:00
会場:
高松市美術館3階講座室ほか
講師:
ドットアーキテクツ
  
対象:
    
小学生~大人
     
受講料:
500円(別途材料費500円)
お申込み:
先着15名/10月1日(土)8:30より電話受付(087-823-1711)

ギャラリートーク

開催日時:
学芸員:2016年10月15日(土)14:00~
  
ボランティアcivi:会期中の毎日曜日・祝日11:00~、14:00~
会場:
高松市美術館 2階展示室
受講料:
無料(ただし観覧券は必要です)

アートで遊ぼう!(子ども鑑賞プログラム) 

  
内容:
ゲームや遊びを取り入れながら作品の鑑賞を楽しみます。
 
開催日時:
 
2016年10月22日(土)「高松コンテンポラリーアート・アニュアルvol.05展」、11月26日(土)「奇才・ダリ版画展」、12月24日(土)「4期常設展」いずれも9:30~11:00
会場:
高松市美術館3階講座室
  
対象:
    
小学生
     
受講料:
無料/単発参加も可
お申込み:
先着15人(10月1日(土)8:30より電話受付(087-823-1711)

友の会スペシャル・イベント「拡張する芸術の魅力 ~造船所跡地・えきとアートの親和性~」

  
内容:
「文化・芸術・知の創造と交流の場」を目指すアートエリアB1(なにわ橋駅構内)で、多種多彩な事業を仕掛ける木ノ下智恵子氏(本展覧会アドバイザー)がアートの魅力を語ります。
 
開催日時:
 
2016年10月30日(日)11:00~12:00(10:30開場)
会場:
高松市美術館1階講堂
  
対象:
    
どなたでも
     
受講料:
無料
お申込み:
先着150人(当日講堂にお越しください)