このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

三輪眞弘による高松市美術館開館30周年祝賀演奏会

「愛の讃歌」 Masahiro Miwa A Song in Praise of Love or FourBits-Gamelan


日本の現代音楽界を代表する作曲家・三輪眞弘が、高松市美術館開館30周年を寿ぐコンサートをプロデュース。
2007年に初演され深い感動を与えた、ガムランアンサンブルのための「愛の讃歌」(*1)が、フォルマント音声合成(*2)を得て蘇る。
美術館エントランスホールに出現する伝統とテクノロジーが交錯するエキサイティングな音の空間をお楽しみに!
さらにサヌカイト(*3)を用いた新曲“ 石器人たちによる、モノリス礼賛/ 子音廻し”(仮題)を世界初演!

(*1)「ガムラン」はインドネシアに伝わる打楽器等で合奏を行なう民俗音楽のこと。
(*2)人工的に人間の声を合成する手法の一つ。
(*3)香川県をはじめごく一部の地域で産出される、叩くと高く澄んだ音の出る石。

イベント内容

公演日時:
2018年7月14日(土曜日)
午後5時45分開場 午後6時開演

場所:
美術館1階エントランスホール

入場料:
2,500円
5月22日(火曜日)より高松市美術館1階受付および電話予約にて販売開始
(電話 087-823-1711)
※未就学児童の入場はご遠慮ください
※前売券をご購入いただいた先着100名様に特製オリジナルバッグプレゼント!

主催:
高松市美術館

企画協力:
ナヤ・コレクティブ

作曲・構成:
三輪眞弘

フォルマント音声合成 :
佐近田展康

出演:
岡野勇仁(MIDIアコーディオン)、マルガサリ(ガムランアンサンブル)、
佐久間新・佐久間ウィヤンタリ(ダンス)、香川県立高松工芸高校のみなさん

演奏曲:
ガムランアンサンブルのための「愛の讃歌」(2007・18年)
石器人たちによる、モノリス礼賛/ 子音廻し(2018年、世界初演)

お問合せ:
高松市美術館  
電話:087-823-1711

出演者プロフィール

三輪眞弘 Masahiro Miwa
1958年東京生まれ。1974年都立国立高校入学以来友人と共に結成したロックバンドで音楽活動を始める。1978年渡独、国立ベルリン芸術大学で作曲をイサン・ユンに師事。1985年より国立ロベルト・シューマン音楽大学でギュンター・ベッカーに師事する。佐近田展康と共に「フォルマント兄弟」としての創作・思索・講演活動や、CDアルバム「村松ギヤ(春の祭典)」(2012)リリースなどその活動は多岐にわたる。著書に「コンピュータ・エイジの音楽理論」(1995)、さらに「三輪眞弘音楽藝術-全思考1998-2010」により2010年度第61回芸術選奨文部科学大臣賞を受賞。モノオペラ『新しい時代』(2017年再演)に対しサントリー芸術財団第17回佐治敬三賞受賞(台本・作曲・音楽監督)。現在、情報科学芸術大学院大学(IAMAS)学長。旧「方法主義」同人。

佐近田展康 Nobuyasu Sakonda
音楽家、メディアアーティスト、メディア理論研究者。独自に開発した歌声のリアルタイム合成による作曲、パフォーマンス作品多数。声と機械をめぐるメディア論考も精力的に発表。著書『Maxの教科書』(赤松正行と共著)、ソロCD『時計仕掛けのエルメス』など。三輪眞弘との人工音声ユニット「フォルマント兄弟」でも活躍中。名古屋学芸大学映像メディア学科教授。

岡野勇仁 Yujin Okano
「フォルマント兄弟」の作品「NEO 都都逸」「せんだいドドンパ節」をキーボード演奏にて「夢のワルツ」をMIDIアコーディオン演奏にて世界初演。フォルマント兄弟の合成音声歌唱作品をMIDIアコーディオンやMIDIキーボードで演奏している世界でも唯一の演奏家。東京音楽大学ピアノ科卒業。フランス音楽コンクール第2位、第9回日本室内楽コンクール入選、現代音楽コンクール《競楽4》入選。尚美ミュージックカレッジ専門学校ピアノ学科専任講師。

マルガサリ Marga Sari
1998年に創設されたジャワ・ガムラン合奏団で、古典から実験的な作品まで幅広いレパートリーをもつ。世界のガムラン地図のなかでの位置を常に意識し、「共同/ 恊働( コラボレーション)」をキーワードとした活動を展開してきた。三輪眞弘との『愛の讃歌』(2007)、野村誠との楽舞劇『桃太郎』(2001) のほか、マクドナルド・ヴィンセント(米)、デヴィッド・コットロイ(オーストラリア)、ヨハネス・スボウォ(インドネシア)、マイケル・アスモロ(同) らが、マルガサリのために新作を提供している。代表は大井卓也。
[今回の出演]大井卓也、大坪孝洋、谷口かんな、中川真、西真奈美、西村彰洋、黒川岳(賛助)、本間なほ(賛助)

佐久間新+ 佐久間ウィヤンタリ Shin Sakuma + Wiyantari Sakuma
2000年にジャワ舞踊リンタンシシッを結成。伝統舞踊の公演や指導を内外で行う。06年にはインドネシア外務省より功労賞を受賞。新作舞踊の創作や様々なダンサーとの共演、マイノリティの人とのワークショップを展開中。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

本文ここまで
Page Top

以下フッターです。

高松市美術館公式サイト

〒760-0027香川県高松市紺屋町10-4
電話 087-823-1711 ファックス 087-851-7250
  • Facebook
  • twiiter
  • LINE
  • Google+
  • tumbler
Copyright©TAKAMATSU ART MUSEUM.All rights reserved.
フッターここまでページ上部へ