このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

三輪眞弘による高松市美術館開館30周年祝賀演奏会「愛の讃歌」を開催しました!

2018年7月14日(土曜日)午後6時から、日本の現代音楽界を代表する作曲家、三輪眞弘氏によるコンサート『三輪眞弘による高松市美術館開館30周年祝賀演奏会「愛の讃歌」』を開催しました。

1曲目はサヌカイトを用いた新曲
「石器人たちによる、モノリス礼賛/子音廻し」。

サヌカイトは、香川県をはじめごく一部の地域で産出される、
叩くと高く澄んだ音の出る石です。
香川県立高松工芸高等学校の生徒さんたちに出演をお願いし、
高松市美術館の1階に設置されている流政之氏の彫刻作品
《ナガレバチ》を回りながら演奏しました。


次に、ガムランアンサンブルマルガサリとMIDIアコーディオン奏者 
岡野勇仁さんによる「ガムランアンサンブルのための『愛の讃歌』」の演奏と、
その後ろのステージでは佐久間新さんと佐久間ウィヤンタリさんによる
ダンスが上演されました。


岡野勇仁さんはMIDIアコーディオンの鍵盤やボタンを押すことで、
母音と子音を合わせてその場で人工音声を作り出し、ガムランの音楽に重ねていきます。

ナガレバチの前で繰り広げられた、ガムラン、人工音声、ダンスの競演は、伝統とテクノロジーが
交錯する豊かな小宇宙を形成し、観客の皆様を魅了しました。

演奏の後には、三輪眞弘氏ほか演奏者、出演者の方々から公演までのいきさつや
曲に込めた想い、上演後の感想などをお聞きしました。


演奏曲:ガムランアンサンブルのための「愛の讃歌」(2007・18年)、
石器人たちによる、モノリス礼賛/ 子音廻し(2018年、世界初演)

作曲・構成:三輪眞弘

フォルマント音声合成:左近田展康

衣装:平川めぐみ

出演:岡野勇仁(MIDIアコーディオン)、マルガサリ(ガムランアンサンブル)、
佐久間新・佐久間ウィヤンタリ(ダンス)、香川県立高松工芸高校のみなさん

フォルマント音声合成 :佐近田展康

主催:高松市美術館

企画協力:ナヤ・コレクティブ

イベントページ

本文ここまで
Page Top

以下フッターです。

高松市美術館公式サイト

〒760-0027香川県高松市紺屋町10-4
電話 087-823-1711 ファックス 087-851-7250
  • Facebook
  • twiiter
  • LINE
  • Google+
  • tumbler
Copyright©TAKAMATSU ART MUSEUM.All rights reserved.
フッターここまでページ上部へ