高松市美術館公式サイト

夏休みワークショップ「子どものアトリエ」を開催しました!

更新:2017年7月23日(日)

7月21日(金)、23日(日)に夏休みワークショップ「子どものアトリエ」を開催しました。
両日午前中は「サカナ型彫刻を作ろう!」
さとうゆうじ先生(彫刻家)とさとうゆき先生(布作家)にお越しいただき、 粘土で作った型に、石膏を流し入れて、サカナ型彫刻を作りました!

型押しして魚に色んな模様をつけました。
流し入れた石膏を固めて、粘土をはがすと面白い形が!!
個性的なお魚たちが出来上がりました。

21日の午後は「アートボックス 水の中森の中」

森かおり先生(美術家・アートサイコセラピスト)にお越しいただき、 ダンボール箱の中に海や森の風景を作りました。
波を作ったり、枝を組み合わせて、木のように見せたり、 小さな箱の中に思い思いの世界が広がっています。

23日の午後には森かおり先生の「アートボックス 影のせかい」

ダンボールをくりぬいて白い紙を貼り、暗い部屋で光を当てると、自分の作った木や動物たちが影になって映る というもの。
子どもたち独自の発想で、幻想的な世界をつくり出していました。

それぞれ素晴らしい作品ができて、大満足の2日間でした。

参加してくださった方々、素敵なワークショップしてくださった先生方、どうもありがとうございました。

実は、こちらのワークショップ、申し込み日の朝に80人の定員が一気にいっぱいなってしまいました。

来年夏休みも子ども向けのワークショップを企画しようと考えていますので、
どうぞご期待ください!