高松市美術館公式サイト

特別展「蜷川実花展」始まりました!

更新:2017年7月7日(金)

2017年7月7日(金)から、特別展「蜷川実花展」が始まりました。

初日午後1時から開催された開展式では、蜷川実花さん、ギャラリストの小山登美夫さん、大西秀人高松市長、高松第一高等学校写真部の部長さんらに参列していただきました。

式典には、平日にも関わらずたくさんの方々にお越しいただきました。

写真は、スピーチをする蜷川さん。
展覧会について、たくさんの方々に観ていただきたいとコメントされていました。

この日はイベントが沢山あり、 午前11時からは、講堂にて友の会スペシャルイベントの講演会が行われました。

小山登美夫ギャラリーの小山登美夫さんによるトーク「現代アートの魅力~ギャラリーの視点から」です。

現代作家の魅力はより身近に感じられること、またギャラリーと作家の親密な関係性に
美術館とは違う関係性があることを熱心に話されていました。
作家の新しい作品、展覧会をいち早く知ることができる点に参加した方々も興味深々な様子でした。

午後2時からは、「蜷川実花×小山登美夫トークショー」が開催されました。
参加者の方々は、蜷川さんの展示風景、普段聞くことのできない制作の裏側について
熱心に耳を傾けていらっしゃいました。

   

初日から沢山の方に来ていただけて、
特別展の良いスタートがきれました。


「蜷川実花展」は来月8月27日(日)まで開催。
写真撮影が可能なエリアもあります。ぜひお越し下さい。




特別展「蜷川実花展」
会期:2017年7月7日(金)~8月27日(日) *月曜休み(※7月17日(月・祝)開館、7月18日(火)休館、
8月14日(月)臨時開館)
開館時間:9:30~19:00(但し、日曜日は17:00閉館/入室は閉館30分前まで)
観覧料:一般1000円、大学生500円、高校生以下無料

一覧に戻る