高松市美術館公式サイト

谷澤紗和子 子どものアトリエ「光のどうぶつ」

更新:2016年10月9日(日)

特別展「高松コンテンポラリーアート・アニュアルvol.05」出品作家の谷澤紗和子さんを講師に、5歳児から大人を対象としたワークショップを開催しました。
当日は、約30人の方が参加され、会場はとても賑やか。

まず、谷澤さんから切り紙の作り方を教わり、鉛筆で下絵を描いてから、カッターやハサミを使って、それぞれに切り紙を制作しました。

完成した切り紙を、部屋に渡したタコ糸に吊るします。

部屋の明かりを消して、切り紙を懐中電灯で照らしました。

懐中電灯の動きに合わせて、影がゆらゆらと動いたり、大きさが変化する様は、とても幻想的。
大人も子どもも声をあげて楽しんでいました。

(撮影:木奥惠三)

一覧に戻る