高松市美術館公式サイト

アートで遊ぼう!「エッシャーの世界展」

更新:2016年5月3日(火)

アートで遊ぼう!は、小学生を対象とした鑑賞プログラムです。
1年間に3回、いろんな体験を通じて美術作品を楽しんでもらおうと企画しています。平成28年度1回目は5月3日(祝・火)に開催。「エッシャーの世界展」を鑑賞しました。

子どもたちの机の上に準備されていたのは、魚のハンコとハンコ用のインク台、紙、色鉛筆。 まずは、エッシャー展の担当学芸員 石田さんに「ハンコ押してくださーい」と言われ、ペッタン!ペッタン!ペッタン!
インクをつけて押すだけで次々と同じ絵柄が複製されていく様は、なんとなく不思議で楽しいものです。子どもたちからも楽しげな声があがりました。 「次に、色鉛筆で魚に色を塗ってください。」

カラフルな魚、丁寧にウロコが描かれている魚、同じ色の魚の大群…。それぞれににぎやかな画面ができあがりました。
「さて…では次は、私が押す通りに、ハンコを4回押してください。1回目に押した魚の背びれに合わせて2回目を押す…慎重に位置を確認しながらハンコを押していきます。「4匹の魚の真ん中に…何の形が見えますか?」

あら、不思議!魚の中央に鳥の姿が現れました!!
「わー!見えた!!」「ええ?どこに鳥がいるの?」
すぐに鳥の姿が見えた子、見えづらかった子、様々です。さらに、鳥の姿を見えやすくするために、魚に色をつけました。この不思議な魚のハンコは、エッシャーの作品を参考にして、石田さんが手作りしたものです。展示室に行けば、同じ柄を見ることができます。 「じゃあ、みんな展示室へ行って本物のエッシャーの作品を見てみよう!」

みんなで展示室へ行って、エッシャー展を鑑賞しました。
ハンコの魚を見つけて、子どもたちが大喜びしたのはもちろんですが、その他の不思議な絵もとても熱心に見てくれました。昼の世界がいつの間にか夜に変わっていくもの、永遠に上り続ける階段など、不思議な作品がたくさんありました。

ハンコを押したことで、エッシャーの世界の不思議を身近に感じてもらえたら嬉しいです。
2回目は6月4日開催です。また一緒に楽しみましょう!

一覧に戻る