高松市塩江美術館公式サイト

企画展 「上西竜二 -Trial and Error-」 会期:2016年9月10日(土)~2016年10月16日(日)

本物と見間違うほどのリアリティをもった作風で知られる岡山県在住の画家上西竜二。上西の制作スタイルは、時とともに変化をしている。
制作をはじめた頃は、閃きやタイミングを重視してひたすら待ち続け、できる限り惰性での制作は行わないというスタイルだった。近年では、待つことをやめ「衝動に従い動く」事に重点を置くようになった。それまで「何を描きたいのか」が曖昧なままだと、「描くことはできない」と思っていたが、描く行為(試してみること)そのものが「何を描きたいのか」を知るカギになる事もあると知ったからだった。
今展では、上西が現在の想いと期待をこめた“Trial and Error”と題して、これまで描いてきた作品をご紹介いたします。上西竜二が描く絵画の世界、現実か幻か自分の眼でこの機会に是非お確かめください。

展覧会基本情報

会期:
2016年9月10日(土)~2016年10月16日(日)
会場:
高松市塩江美術館 企画展示室
休館日:
月曜日(ただし、祝日の場合はその翌日)
開館時間:
9:00~17:00(入館は16:30まで)
主催:
高松市塩江美術館
観覧料:
【一般】300円(団体 240円) ※常設展観覧料含む
【大学生】150円(団体 120円)
【高校生以下】無料
※身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳所有者は入場無料
※共通定期観覧券についてはこちらから
お問い合わせ先
高松市塩江美術館
TEL 087-893-1800

上西 竜二うえにし りゅうじ

画家

主な経歴
1976年岡山県井原市生まれ
1999年岡山大学教育学部特別教科教員養成課程美術専攻 卒業       
2000年初個展、以降毎年個展開催(岡山、広島、東京など)
2001年広島市立大学院絵画専攻(油彩)修了 : 修了制作展にてプリ・ラ・ジュネス賞受賞
2001年「ルピコン展」/銀座東邦アート(東京)     
2004年「新内外洋画展」/天満屋(中国地方巡回)
2005年「美陽美術協会」所属(以降同展、チャリティー作品展に毎回参加)/笠岡グランドホテル内ワコーミュージアム(岡山)
2007年【個展】/銀座・秀友画廊(東京)     
2007年【個展】/福山天満屋(広島)     
2009年「岡山県若手支援事業第2回I 氏賞」奨励賞受賞/岡山県天神山文化プラザ(岡山)
2011年「CREATORS LOUNGE」/倉敷阿智神社 斎館(岡山)    
2011年【個展】/奈義町現代美術館(岡山)
2013年「アートの今・2013 BODY身体の記憶」/岡山県天神山文化プラザ(岡山)
2014年【個展】/ふくやまアートサロン(広島)