高松市塩江美術館公式サイト

常設展 熊野俊一が見たヨーロッパ 会期:2016年4月23日(土)~2016年7月31日(日)

熊野俊一は、高松市塩江町出身の洋画家で、生涯描いてきた作品から自選により油彩画とデッサンを併せて約350点余りを1995(平6)年、郷里(塩江町)に寄贈いたしました。 本展では、熊野が自身の画風を確立していく中、1963年に初めて訪れたヨーロッパの風景の美しさ、地中海沿岸の乾燥した空気がもたらす色彩の鮮明さに魅了されて、何度も渡欧を繰り返して描いた作品の中から約35点を紹介するとともに、熊野がヨーロッパから持ち帰った当時の資料などもあわせて展示しています。 この機会に是非、ヨーロッパの北緯45度から降り注ぐ色彩をお楽しみください。

展覧会基本情報

会期:
2016年4月23日(土)~2016年7月31日(日)
会場:
高松市塩江美術館 常設展示室
休館日:
月曜日(ただし祝日の場合はその翌日)
開館時間:
9:00~17:00(入館は16:30まで)
主催:
高松市塩江美術館
観覧料:
【一般】300円(団体 240円) ※常設展観覧料含む
【大学生】150円(団体 120円)
【高校生以下】無料
※身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳所有者は入場無料
※共通定期観覧券についてはこちらから
お問い合わせ先
高松市塩江美術館
TEL 087-893-1800

熊野 俊一くまの としいち

洋画家

主な経歴
1908年香川県香川郡塩江町生まれ。
1928年香川県香川郡多肥小学校に奉職
1963年第1回渡欧、翌64年帰国
1964年渡欧作品展を三越本店画廊で開催
1965年第2回渡欧、同年12月帰国
1966年渡欧作品展を三越本店画廊で開催
1968年船便、カンボジア丸で妻初江同伴、45日をかけて3回目の渡欧
1970年新作渡欧展、作品50点を三越本店特設会場で開催
1972年第4回渡欧、翌73年9月帰国
1973年渡欧作品展を三越本店で開催
1974年第5回渡仏、翌75年11月帰国
1976年渡欧作品展をロイヤルサンギンザで開催
1977年二紀会を退会、無所属となる
1978年ロイヤルサロンギンザで個展を開催
1979年第7回渡欧、ギリシャ、同年7月帰国
1981年第8回渡欧、同年9月帰国
1988年第9回渡欧、同年12月帰国
1994年故郷、塩江町に絵画・デッサン合せて335点を寄贈、町立塩江美術館に収蔵
2005年6月4日逝去(享年97歳)