高松市塩江美術館公式サイト

高松市塩江美術館についてAbout SHIONOE MUSEUM OF ART

高松市塩江美術館概要

1994年(平成6)4月25日に塩江町民の文化的活動の中心として、町域全体の文化・教育の振興と発展に寄与することと観光地の新しい観光資源とすることを目的に、ホタルと文化の里公圏の中核施設として建設されました。建設に際して塩江町出身で東京在住の画家熊野俊一氏から約350点の作品寄贈を受け、熊野氏の作品をはじめ香川県ゆかりの作家の作品を収蔵・保存しています。
2005年(平成17)の高松市との合併後は、塩江町立美術館から高松市塩江美術館へと名称を変更し、高松市の2館目の美術館として運営しています。

高松市塩江美術館の運営について

山あいの豊かな自然に恵まれた環境に立地する美術館という地域特性を生かした、文化・芸術を楽しむ空間づくりを目指し、展覧会の充実や地域に根ざした文化芸術活動の拠点、観光資源としての取組を進めます。
また、楽しみながら美術に触れていただくことができる関連事業の充実も必要なことから、コンサート等の催し物を実施しています。

高松市塩江美術館の沿革

高松市塩江美術館設計概要

施設案内

館内マップを見る