講座の森/高松市の予算ができるまで


財政マン太郎君と由美子さんが財政マンに聞く「高松市の予算ができるまで」
どなんして決まるん?高松市の予算?


《 高松市財政マンの一言 》

予算とは、1年間(会計年度(かいけいねんど)・・・4月1日〜翌年(よくねん)
3月31日)の収入と支出の見積り(必要な費用などをあらかじめ計算して出すこと)
のことです。
高松市の仕事の内容は、予算を見れば大体のことがわかるようになっています。
つまり、
予算は金額という数字で表した、仕事の計画書ということができるのです。


高松市の予算Q&A

出演者
財政マン 財政マン
太郎君 太郎君
由美子さん 由美子さん


太郎君 こんにちは。教えてもらいたいことがあるのですけど。
由美子さん こんにちは。
財政マン あれっ?きょうは、花子さんとちがうね?
由美子さん 花子さんは転校(てんこう)したの。私、太郎君と仲良くなったので、一緒に来たの。
財政マン そうなんだー。それで、今度は何かな?
太郎君 財政マンの一言読んだけど、予算が市の仕事の計画書やなんて知らんかった。
計画書いうたら大事なこととちがうの?
財政マン ものすごく大事なことだよ。
太郎君 そんな大事なこと、いつ?、だれが?、どなんして決めるん?
財政マン そやなあ、いろいろようけせないかんけど、まずはじめは、6月から9月の夏の間に、職員みんなで今しよる仕事のどこをどう見直ししたらええかを考えるんや。これ、サマーレビューいうんやけどな。
由美子さん 私たちの夏休みの宿題みたいなもん?
財政マン そんなもんやの。市の財政は、今ものすごく苦しいんや。ほんだけん、時間をかけて、じっくりとほんまに必要なもんは何かとか、倹約(けんやく)できるもんは何かをみんなで考えないかんのや。ほんで、その結果を、財政マンが集まっとる財政課(ざいせいか)へ出すんや。
由美子さん へ〜、たいへんやね。それからどうするん?
財政マン 10月になったら、次の年度の予算編成方針(よさんへんせいほうしん)いうもんが出されるんや。
太郎君 よさんへんちぇいほうしんって、なあに?
財政マン 予算編成方針って言うんやけどな。そやなあ、予算を作っていくルールみたいなもんやの。ルールやけん当然守らないかんのや。いろんな仕事をしよるそれぞれの課は、このルールにしたがって、9月までに見直しした結果なんかも考えながら「こんな仕事をするんで、こんぐらいのお金が必要です。」いうて財政課に報告するんや。これが、予算要求(よさんようきゅう)言うんや。
由美子さん ふ〜ん、それはいつごろ?
財政マン ずっと続いとる事業や施設(しせつ)の管理なんかで、毎年決まって必要なお金は、経常経費(けいじょうけいひ)言うて、10月末までに出すんや。それとは別に、大きな新しい事業や工事なんかの投資的経費(とうしてきけいひ)は、11月末までに要求するんや。
由美子さん ほんだら、11月中には、全部の課の要求の合計がわかるんやね。だけど、お金がなくて苦しいのに、足(た)らなんだらどなんするん?
財政マン それが一番の問題やな。2人とも自分のこと考えてみー。ゲームやサッカーシューズや着せ替えセット、あれもこれも欲しい思うても、おこづかいが足らなんだらどなんするん?
太郎君 おじいちゃんに言う!!
財政マン そりゃそうやけど、まずは、なんとか小づかいを増やせんかとあれこれ考えるやろ。それでも、どうしても足らん分はがまんせんといかんわなあ!
由美子さん そうやね。
財政マン 市の財政もいっしょや。使えるお金をなるべくようけ確保(かくほ)して、それでも足らなんだら何かを減らしたりせないかんのや。限られたお金をうまいこと計画的に使わないかんけん、いろんな課から出てきた事業なんかを細かく考えなおして、財政課で一所懸命(いっしょけんめい)うまいこといくよう、調整(ちょうせい)するんや。ほんで、調整したもんを市長さんが、市の案として最終決定するんや。これが1月末やの。
太郎君 それで決まるん?
財政マン まだ、なんやー。市長さんが市の最終の案として、議会(ぎかい)いうところで説明して、みんなの代表の市議会議員(しぎかいぎいん)さんに認(みと)めてもろて、初めて市の予算が決まるんや。3月になるけどな。
由美子さん 予算が決まるまでって、ものすご長いことかかるんやね。
財政マン そうや。みんなの生活を守ったり、よくしたりする計画書なんやけん、慎重(しんちょう)に時間をかけて決めるんは、当然のことなんや。わかってもらえたかな?
太郎君 うん、今日は予算を決めるということは、ものすご大変なことなんやいうことがよくわかりました。どうもありがとうございました。
由美子さん また、教えてくださいね。財政マンのおじちゃん!
財政マン おじちゃん?おにいさんじゃ!

トップ