ふりがな

かたやまいけ1ごうようせき 平安時代の瓦工房

遺跡名

片山池1号窯跡

所在地

高松市西春日町

時 代

 平安時代

 説 明

 積石塚古墳として名高い石清尾山古墳群が所在する石清尾山塊のうち,浄願寺山と小山の間の谷間に立地する。この谷間入り口には,金銅製釈迦誕生仏が出土したことで有名な坂田廃寺が所在し,片山池1号窯跡はこの坂田廃寺へ瓦を供給する目的で築かれたものである。
 南向きの斜面を掘りくぼめて,窯を築いている。半地下式ロストル式平窯と呼ばれるもので,出土遺物より平安時代のものと考えられている。窯の構造は焼成室と燃焼室に分かれ,焼成室奥には平瓦が10数枚立てかけられており,当時のままの姿をとどめていた。
 出土遺物の中には,窯の築造年代より遡って白鳳期(飛鳥時代後半)の鴟尾(しび)の破片がある。これは,屋根の大棟両端に飾るもので,今でいうしゃちほこにあたる。岡山県邑久郡牛窓町にある寒風古窯跡群から出土する鴟尾と類似しており,その関係が注目されている。

写真

図面

 

     窯跡(平安時代)        鴟尾(白鳳期,飛鳥時代後半)