ふりがな

ひぐらし・まつばやしいせき 川底から須恵器がまとまって出土

遺跡名

日暮・松林遺跡

所在地

高松市多肥上町・多肥下町

時 代

 弥生・古墳・鎌倉時代

 説 明

 県立高松桜井高校の開校に向けて設けられた学校東側道路部分の発掘調査によって発見された。この地は,香東川の扇状地にあたり,発掘調査でも微高地や旧河道といった旧地形を確認している。
 微高地上では,弥生時代中期から後期の竪穴住居跡や掘立柱建物跡などを見つけており,この時期に集落が営まれていたことが明らかになった。この弥生時代の集落は,西隣に所在する多肥松林遺跡へと続くもので,同じ集落である。
 一方,旧河道では良好な土器群を発掘している。上層からは,鎌倉時代の瓦器椀や黒色土器椀,土師器皿といった日常雑器が大量に出土した。このうち,瓦器は和泉国(大阪府南西部)近辺で作られたもので,瀬戸内海沿岸ではかなりの量が出回っている。当時すでに日常雑器も商品として流通していたのであろう。また,下層からは古墳時代後期の須恵器が一カ所からまとまって出土した。ほかの遺跡に比べて高杯の割合が高く,これら須恵器は祭祀のために置かれたものかもしれない。

写真

図面

 

  須恵器(古墳時代後期)         瓦器椀(鎌倉時代)