表紙へ  説明ページへ  前表へ  次表へ

他へ移る場合は,上のボタンをクリックしてください

高松藩士由緒録 ≪ゆ・よ之巻≫

 

高松藩士氏名

高松藩士由緒録記載事項

877

湯浅禮蔵

礼蔵,徒士に召しだされる。

878

由佐伊八郎

祖父安太夫。

その子半次郎。

その子半次郎,手代より吟味人となる。

その子伊八郎,初め半弥という。小僧となる。のちに半次郎と改める。用人手代より吟味人並蔵奉行となる。

879

横井新右衛門

先祖加左衛門,元禄元年(1688)郷手代後,四人扶持百俵,同百俵役料郡奉行となる。

その子加左衛門・養子谷左馬之助与力菅目次左衛門兄,留守居のちに郡奉行となる。

その子新右衛門・養子吉川柳庵弟,馬廻番頭より奥目附となる。

その子権之助馬廻番組となる。


※ 養子縁組等先
  肥田幸十郎

880

横井弥五郎

弥五郎,■姫様御守御目見,小納戸奥目附兼帯となる。

881

横倉与次右衛門

元祖与次右衛門,下舘において勘定仕え,高松御入部後百石勘定奉行のちに二百石大坂留守居となる。初め与左衛門,また喜右衛門という。

その子久右衛門,同大坂留守居となる。

その子久右衛門・養子肥田半兵衛次男,のちに三百五十石年寄となる。

その子平右衛門・養子鵜殿九郎兵衛弟,家督二百石旗奉行となる。

その子平右衛門・養子入谷八郎太夫弟,奉行となる。

その子与治右衛門,書院番組より横目徒士頭となる。


※ 養子縁組等先
  芦沢安太郎家   横倉幸太

882

横倉幸太

幸太・平右衛門次男,のちに鉄砲方惣領組に召しだされる。

883

横田左右衛門

左右衛門,後稲田外江騎馬役,日矢数行い留守居寄合後,開高二十石の大番組となる。

884

横山太郎兵衛

先祖太兵衛,下舘において徒士,高松御入部長屋奉行となる。

その子太兵衛,久姫様奥番中川家へ行く。

その子甚左衛門,包丁人となる。

885

余悟甚五右衛門

父甚五右衛門,徒士。

その子甚五右衛門,初め徒士,後五十俵四人扶持五十俵役料代官となる。後役料召し上げられ留守居寄合となる。


※ 養子縁組等先
  
今木平六郎

886

吉川太作

先祖市左衛門,初め内証手代後百俵四人扶持金蔵元締役となる。天和3年(1683)五人扶持二百俵郡奉行となる。

その子市左衛門,馬廻番組百俵となり,

その子六左衛門,また同じ。

その後太作,馬廻番組後百五十俵新組頭格側用人五十俵役料用人となる。


※ 養子縁組等先
  
大須加左五郎家   片岡愛三郎
  三村与左衛門家   山崎惣右衛門
  吉川柳庵

887

吉川柳庵

立庵・太作同族,七人扶持表医師となる。


※ 養子縁組等先
  関宇左衛門家   松本久兵衛
  横井新右衛門

888

吉田善兵衛

先祖助太夫,延宝元年(1673)酒井家より本寿院様御供,徒士目附のちに十五石三人扶持下さる。

その子助太夫,百俵四人扶持春光院様附。

その子助太夫,百俵役料使番となる。

その子善兵衛,百五十俵四人扶持五十俵役料城附となる。

889

吉田忠右衛門

父安右衛門,徒士。

その子忠右衛門・養子,陶村牢人徒士となる。

890

吉田伝左衛門

先祖伝左衛門,万治元年(1658)五十石城代与力。

その子彦兵衛,後百石公子亀千代頼直抱守。

その子伝左衛門,奥目附後号を亭山という。

その子平蔵,大番組早世,隠居亭山再勤。

その子市五郎・養子熊田与兵衛三男,大番組後出奔により断絶する。

伝左衛門・桜井与一左衛門次男,十五郎出奔の後隠居し,亭山へ五人扶持下され後,名跡相続養子となる。徒士として召しだされる。


※ 養子縁組等先
  塩谷七兵衛

891

吉田彦兵衛

先祖清八,正徳3年(1713)勘定場手代より蔵奉行後,四十俵四人扶持奥目附となる。

その子覚右衛門,享保6年(1721)作事手代よりのちに百俵四人扶持勘定奉行となる。

その子彦兵衛,大番組よりのちに百五十俵四人扶持五十俵役料徒士頭となる。


※ 養子縁組等先
  
吉田甚右衛門

892

吉田甚右衛門

甚右衛門・清八の弟,享保3年(1718)小僧より後作事奉行となる。

893

吉田孫十郎

先祖七郎兵衛,宝永(1704〜11)頃に蔵手代。

その子六右衛門,用人手代後,蔵奉行留守居寄合。

その子卯右衛門,中寄合となる。

その子孫十郎,小寄合となる。

894

吉田弥助

本家吉田藤右衛門,水戸より肥田和泉与力,のちに二百石寺社奉行となる。

その子藤右衛門,奉行となる。

その子藤馬・養子浅見五郎兵衛次男,後改易断絶となる。

先祖加右衛門・藤右衛門同族,貞享2年(1685)金五両馬乗となる。

その子加右衛門,十五石四人扶持馬乗となる。

その子勝右衛門,伯楽となる。

その子弥助・養子後藤与一左衛門弟,伯楽となる。


※ 養子縁組等先
  吉田勇次

895

吉田勇次

先祖義庵・藤右衛門同家二百石御ヒ。

その子玄琳・養子菅目玄仙(菅目姓の記述なし)子,二十人扶持医師,後御暇願いして牢人となる。

又八・義庵実子,初め徒士に召しだされ後五十俵四人扶持中寄合剣術師役となる。

その子勇次,惣領組五十俵四人扶持となる。


※ 養子縁組等先
  吉田左兵衛家   吉田紋之助

896

吉田左兵衛

左兵衛・吉田又八姉老女左枝・養子綾田弥一郎次男,惣領組後,側小性となる。

897

吉田紋之助

紋之進・吉田又八姉女中松尾・養子朝倉十左衛門次男,徒士となる。

898

吉田理左衛門

先祖理左衛門,明暦2年(1656)召しだされ金方手代となり後三人扶持八石留守居となる。

その子理左衛門,日帳付より十五石四人扶持祐筆となる。

その子何太・養子上田造酒次男,奥祐筆となる。

その子理左衛門・養子,祐筆後,奥祐筆となる。


※ 養子縁組等先
  三守吉右衛門

899

吉原三八

先祖脇坂貞庵,元禄8年(1695)五十俵五人扶持表医師となる。後百五十俵十人扶持

その子半蔵・養子吉原文太夫次男,吉原同姓をおおせつけられ吉原と改める。家督百俵五人扶持小納戸となる。

その子半蔵,後百五十石五十俵役料寄合番頭となる。

その子三八,次小性五十俵役料横目となる。

900

吉原文太夫

元祖文太夫,下舘において鷹匠。

二代目文太夫,後百石鷹匠頭,これより代々鷹匠頭となる。

その子文太夫・養子近藤惣左衛門幸左衛門もしくは惣太夫か/弟。

その子文太夫・養子実弟。

その子文太夫・養子谷左馬之助五男。


※ 養子縁組等先
  小早川乙之進家   近藤茂理家   吉原三八

901

吉本佐野八

佐野八,大蔵様御部屋小姓,惣領組並留守居番組格となる。

902

依田佐左衛門

本性依田,のちに宮坂と改めまた依田と改める。本家元祖,水戸御譜代依田四郎兵衛のちに断絶する。

延宝2年(1674)先祖初め弥兵衛,三左衛門,新組に召しだされ代々頬付鉄砲方となる。

その子佐左衛門,惣領組。

その子佐平太,惣領組。

その子佐左衛門・養子村山平次兵衛子,惣領組となる。


※ 養子縁組等先
  宮坂秀蔵

903

米田髄圓

髄圓,寛保元年(1741)表坊主のちに絵師,十石三人扶持表坊主となる。




他へ移る場合は,下のボタンをクリックしてください

表紙へ  説明ページへ  前表へ  次表へ