表紙へ  説明ページへ  前表へ  次表へ

他へ移る場合は,上のボタンをクリックしてください

高松藩士由緒録 ≪か之巻≫

 

高松藩士氏名

高松藩士由緒録記載事項

232

香川忠三郎

寛保元年(1741),徒士より惣領組。

その子次郎太夫,徒士となる。

233

香川与右衛門

元祖理兵衛,元禄3年(1690)蔵手代。

その子理兵衛蔵,手代,後蔵奉行となる。

その子儀右衛門,大坂物書より後百俵四人扶持勘定奉行となる。

その子与右衛門,蔵奉行吟味人となる。

その子与右衛門・養子実弟,三十俵四人扶持小寄合より代官,後百俵四人扶持百俵役料郡奉行のちに大坂詰となる。

その子伊平太・養子宮武才兵衛弟,大番組となる。

234

筧助右衛門

元祖助左衛門,水戸より御附,下館において御奉公,寛永19年(1642)二百石大小姓後,三百五十石寺社奉行となる。

その子三郎太夫・養子間宮九郎右衛門次男。

その子助左衛門初め助四郎・養子入谷次左衛門次郎左衛門か?/弟,書院番頭となる。

その子助左衛門,年寄となる。

その子助右衛門・養子渡部半太夫次男,側小姓後,馬廻番頭となる。


※ 養子縁組等先
  中村彦左衛門

235

筧虎蔵

衛守吉左衛門・弟,徒士より小寄合,後三十俵四人扶持中寄合

その子虎蔵・養子,留守居寄合となる。

236

筧又蔵

先祖善右衛門,水戸より御附,下館において側小姓,高松御入部三百五十石旗奉行となる。

その子善右衛門,分知二百五十石となる。

その子又蔵・養子山本九郎右衛門弟,持筒頭となる。

その子又蔵・養子新名助右衛門新名姓は二軒あり)弟,鎗奉行となる。

その子元輔,書院番組となる。


※ 養子縁組等先
  筧吉左衛門

237

筧吉左衛門

先祖吉左衛門・筧善右衛門の次男。万治元年(1658)見習小姓,延宝8年(1680)分知百石となる。

その子善右衛門。

その子善右衛門,代々書院番組。

その子吉左衛門,書院番組より奥横目となる。

238

葛西俊庵

父益庵,宝暦8年(1758)五人扶持茶坊主格となる。

その子俊庵,十人扶持奥医師十五人扶持後二十人扶持となる。


※ 養子縁組等先
  
葛西小弥太

239

葛西小弥太

父伝五・葛西俊庵の甥,大蔵様御部屋小姓惣領組並。

その子小弥太,また同じ。

240

笠井権之助

先祖喜左衛門,水戸より御附,下舘において百石,高松御入部二百石となり後二百五十石横目となる。

その子喜左衛門・養子後藤彦左衛門次男,家督百五十石受ける。

その子喜左衛門,切支丹奉行となる。

その子権之助,五十俵役料物頭となる。

その子,馬廻番組となる。


※ 養子縁組等先
  進藤鉞之丞

241

笠井次郎右衛門

笠井伝右衛門,下舘より後百五十石うける。孫伝右衛門は御暇となり家断絶する。

先祖次郎右衛門・伝右衛門同姓,寛永19年(1642)召しだされ側小性となる。のちに二百五十石寺社奉行となる。

その子次郎右衛門,奉行となる。

その子次郎右衛門,寄合番頭となる。

その子次郎右衛門,側小性後,用人となる。

242

笠川喜八郎

先祖佐平太,徒士目附。

その子佐平太,徒士。

その子喜八郎・養子,徒士目附となる。

243

梶市右衛門

先祖十郎右衛門,下舘において百石,高松御入部二百石となる。

その子十郎右衛門,門番頭となる。

その子また同じ。

その子市右衛門,持筒頭となる。

その子市右衛門・嫡孫,父権太夫出奔につき承祖,書院番組後,物頭となる。


※ 養子縁組等先
  
塩谷七兵衛

244

加治五郎左衛門

元祖長右衛門,水戸より御附,下舘において百石,高松御入部二百石のちに二百五十石受ける。

その子長右衛門,馬廻頭となる。

その子五郎左衛門,奉行となる。

その子五郎左衛門,徒士頭となる。

その子千三郎・養子角田半右衛門三男,不行跡に付き知行召しあげらる。実家半右衛門,御預,養父五郎左衛門妻へ十人扶持下さる。

当五郎左衛門・亡五郎左衛門妻・養子近藤善右衛門三男,十人扶持下され大番組となる。のちに奥横目七十俵うける。


※ 養子縁組等先
  角田清右衛門家   堀池弥惣左衛門

245

樫村孫九郎

孫九郎,初め帯刀様御部屋小性後,表側小性五十俵四人扶持奥目附となる。


※ 養子縁組等先
  葛西小弥太

246

樫村忠兵衛

父孫三郎・孫九郎の弟,大蔵様御部屋小姓惣領組並。

その子忠兵衛・養子,また同じ。

247

片岡愛三郎

父喜太郎,老女岡村養子。

その子愛三郎・養子吉川六左衛門三男,初め徒士より惣領組後奥目附五十俵四人扶持となる。

248

片岡伊八郎

伊八郎,大納戸手代,宝暦12年(1762)奥番。

249

片岡喜伝次

本家先祖忠左衛門,水戸より下舘御奉公,正保元年(1644)百石,星野宮内左衛門与力孫忠左衛門の代,家断絶する。

先祖三右衛門・忠左衛門族,寛文10年(1670)頬付方惣領組おおせつけられ代々惣領組となる。

父軍太・養子木村某木村治右衛門と考えられる)の子。

その子喜伝次・養子栗原某の子。


※ 養子縁組等先
  木村幸蔵

250

片岡如軒

父玄僊,二十人扶持奥医師,

その子如賢,十人扶持後,二百石御ヒとなる。

251

片岡甫庵

甫庵,五人扶持茶坊主後十人扶持奥医師となる。

252

片山権内

父忠右衛門,代々大久保家家頼,後主計様御次男様付きになり七十俵くだされる。小納戸並みおおせ付けらる。

その子権内・養子,三十俵四人扶持惣領となる。初め織次という。


※ 養子縁組等先
  田中小角

253

片山五左衛門

先祖五左衛門,寛文6年(1666)十人扶持百俵大番となる。

その子五左衛門,家督百石下され数寄奉行となる。

その子五左衛門,数寄奉行となる。

その子五左衛門・養子香西弥七郎次男,馬廻番組後小納戸となる。

254

片山佐次右衛門

父佐次右衛門,蔵手代渡辺文五郎(渡辺姓の記述はなく渡部姓は十軒あるも,該当者の記述はなし渡部へ)同家,享保元年(1716)道具手代より蔵奉行となる。

その子佐次右衛門,勘定所並手代となる。


※ 養子縁組等先(渡辺文五郎と関係する家)
  池内伝右衛門

255

片山惣一郎

父治兵衛,手代より留守居寄合,

その子惣一郎,勘定所手代より蔵奉行並となる。

256

片山仁平太

父治助,徒士。

その子仁平太・養子伊藤権之丞次男,徒士のちに鷹匠となる。

257

勝橋平吉

曽孫平四郎,慶安年中(1648〜52),徒士後百石小納戸となる。

その子平四郎,奥目附となる。

その子平四郎,大番組。

その子六郎,馬廻番組。

その子作之助,大番組となるも早世。

その子滝次郎・養子新居平八次男。父作之助病死のゆえに知行御召しあげられる。のちに惣領組に召しだされ四人扶持を受ける。平吉と改める。五百目四人扶持となる。

258

桂市右衛門

先祖春江,寛文11年(1671),三百石医師。

その子良仙,百俵七人扶持本寿院様附。

その子市右衛門,小納戸となる。

259

加藤梶之助

先祖助右衛門,惣領組。

その子幸次郎・養子中村武右衛門次男,惣領組となる。

その子梶之助・養子高畑権兵衛次男徒士,のちに出奔,家断絶する。

260

加藤丈右衛門

父加右衛門,賄人より後,賄頭。

その子丈右衛門,賄人より留守居寄合となる。

261

加藤直次郎

先祖園左衛門,徒士,

その子郷右衛門,徒士小頭,

その子直次郎,徒士,江戸にて出奔,家断絶する。

262

加藤矢柄

先祖与次右衛門・加藤甚左衛門(加藤姓は矢柄家以外三軒あるも,該当者の記述はなし加藤へ)同族,慶安元年(1648),道具奉行百俵四人扶持勘定奉行となる。

その子,その子矢柄・養子秋山平太夫忠太夫か?/の次男,百俵四人扶持五十俵役料物頭となる。のちに内記と改める。

263

金沢次郎右衛門

次郎右衛門,徒士小頭。

264

兼康祐庵

元祖祐庵,水戸様医師,明暦元年(1655)金十両くだされる。召しだされ後百五十石,口中科代々奥医師となる。

その子祐庵,二百石。

その子祐庵,百五十石のちに五十石加増二百石となる。

その子柴庵,二百石,後祐庵と改め御ヒ格となる。

265

鎌田弥八郎

弥八郎主計様附惣領組並雷助と改める。のちに三人扶持くだされる。御暇となる。

266

上遠六太夫

元祖喜右衛門,水戸より御附,下舘において二百五十石受く。初め内蔵之助,又源五右衛門という。

その子武左衛門,寺社奉行となる。

その子六太夫,鎗奉行となる。

その子六太夫・養子熊田与兵衛三男,鎗奉行となる。


※ 養子縁組等先
  中村丹下

267

亀山七郎兵衛

先祖杢兵衛,延宝元年(1673)徒士。

その子杢兵衛徒士後,新組代々鉄砲方となる。

その子半三郎,惣領組。

その子孫左衛門・養子中條文兵衛(中條姓は三軒あるも,該当者の記述はなし中條へ)子,また同じ。

その子七郎兵衛,惣領組より鉄砲奉行となる。

268

蒲生喜太夫

元祖加左衛門,正保3年(1646)二百俵のちに三百俵十人扶持郷徒士頭となる。

その子佐左衛門,百俵五人扶持門番頭,

その子佐左衛門・養子渡辺半右衛門次男,切支丹奉行となる。

その子佐左衛門,門番頭となる。

その子喜平太・養子川西孫八次男,馬廻番組より膳番となる。

269

河合七郎作

当七郎作,留守居番組より膳番,後大番組より路次預りとなる。

270

河合平之丞

元祖平兵衛,生駒出人,寛永19年(1642)三百石,後三百五十石奉行となる。

その子平兵衛,寛文6年(1666)二百五十石町奉行,後奉行となる。

その子平兵衛,留守居頭となる。

その子平兵衛,旗奉行となる。

その子平兵衛・養子香川郡百合村牢人河合永哲の子,物頭となる。

その子平之丞,馬廻番組後,側小性横目となる。

271

河田八兵衛

父藤助,宝暦8年(1758)十五俵三人扶持惣領組に召しだされ後,三十俵下さる。明石立左衛門(明石姓は三軒あるも,該当者の記述はなし明石へ)流儀の棒火矢打。

その子八兵衛,惣領組となる。


※ 養子縁組等先
  明石彦之丞

272

川崎伊兵衛

本家川崎新左衛門,下館において徒士。

その子新左衛門。

その子金左衛門,家断絶。

父加兵衛,元禄16年(1703)徒士となる。

その子伊兵衛,奥番となる。

273

川崎勇蔵

勇蔵・主計様女中民野養子,主計様附惣領組並のちに御暇となる。

274

川田宗兵衛

元祖六左衛門,明暦元年(1655)駕籠頭。

その子六左衛門,新組後,鉄砲奉行代々鉄砲方となる。

その子六左衛門,惣領組与頭となる。

その子宗兵衛,惣領組となる。

275

川部的庵

的庵,十人扶持表医師に召しだされる。

276

川西孫八

先祖清右衛門,延宝7年(1679)賄人。

その子孫八,元禄14年(1701)蔵手代後百五十俵勘定奉行となる。

その子孫八,百五十俵大番組より大納戸後勘定奉行並となる。

その子喜助・養子杉山佐太夫弟,大番組となる。


※ 養子縁組等先
  蒲生喜太夫

277

川南勘太

本家川南三郎左衛門,下館において三百石高松御入部五百石大番頭となる。孫権右衛門子無く断絶す。初め瀬兵衛という。

先祖瀬兵衛・本家三郎左衛門次男,寛文11年(1671)分知,後二百石となる。

その子瀬兵衛・養子斎藤勘兵衛次男,寺社奉行となる。

その子瀬兵衛・養子後藤彦左衛門弟,寺社奉行となる。

その子勘太,書院番組となる。


※ 養子縁組等先
  川南理太夫

278

川南理太夫

先祖段之丞・本家三郎左衛門の三男,元禄7年(1694)百石下され馬廻番組となるも本家断絶。

その子三郎左衛門,門番頭となる。

その子段之丞,門番頭となる。

その子理太夫,馬廻番組となる。


※ 養子縁組等先
  久家又四郎

279

川村一郎兵衛

先祖茂兵衛,寛文2年(1662)召しだされ能役者太鼓。

その子伝左衛門,宝永4年(1707)道具奉行並となる。

その子茂兵衛,五十俵四人扶持小納戸となる。

その子一郎兵衛・嫡孫,父一郎兵衛出奔につき承祖し惣領組となる。


※ 養子縁組等先
  
岡沢右衛門家?   川村弥太郎

280

川村弥太郎

父茂右衛門・川村茂兵衛の三男,大蔵様御部屋小姓惣領組並。

その子弥太郎・養子,また同じ。

281

川村鍋三郎

父新次郎,奉行手代より後百俵四人扶持勘定奉行となる。

その子鍋三郎,七人扶持留守居寄合となる。新三郎と改める。




他へ移る場合は,下のボタンをクリックしてください

表紙へ  説明ページへ  前表へ  次表へ