トップページに
 
変遷のページに
 
大正時代の変遷
 
昭和時代の変遷

高松市の変遷 T(明治時代編)

明治23年 現在の高松市域には高松市と多くの村が誕生しました。
現在の市町村制度の基礎がかたちつくられたのです。

明治23年の高松市域の姿1890
備    考
高松市 な し
宮脇村  東浜村
栗林村  鷺田村
太田村  古高松村
潟元村  木太村
前田村  川添村
林村   三谷村
多肥村  百相村
一宮村  円座村
檀紙村  川岡村
弦打村  上笠居村
中笠居村 下笠居村
雌雄島村 坂ノ上村
十河村  東植田村
西植田村


百相は「もまい」と読みます

       



明治31年の高松市域の姿1898
備    考
高松市 仏生山町
宮脇村  東浜村
栗林村  鷺田村
太田村  古高松村
潟元村  木太村
前田村  川添村
林村   三谷村
多肥村  一宮村
円座村  檀紙村
川岡村  弦打村
上笠居村 中笠居村
下笠居村 雌雄島村
坂ノ上村 十河村
東植田村 西植田村


百相村,多肥村の一部を編入町制施行,町名変更

       



大正時代へ