ミニ年表 ★071

ボタン トップ


『サンポート高松の誕生まで』


今年,サンポート高松の一部がオープンした。
特にJR高松駅の供用開始など市民生活に直結するものであった。
これまでの事業の変遷を追ってみよう。

 ◆ 昭和58年〜62年度
高松地域(港頭地区)整備計画調査ほか

 ◆ 昭和63年2月
高松港港湾計画の改訂

 ◆ 同年4月
高松港港湾改修事業の事業採択
埋築事業の調査に書手
※ 瀬戸大橋の供用開始に伴う宇高連絡船の廃止

 ◆ 平成2年度
新都市拠点整備事業、土地区画整理事業の事業採択

 ◆ 平成3年9月
高松港玉藻地区港湾整備事業起工式

 ◆ 平成4年4月
高松港頭地区総合整備計画基本構想発表

 ◆ 同年12月
土地区画整理事業などの都市計画決定

 ◆ 平成5年2月
高松港頭地区総合整備事業推進協議会設立

 ◆ 同年7月
高松港頭地区の愛称「サンポート高松」に決定

 ◆ 平成6年2月
土地区画整理事業の事業計画の決定

 ◆ 平成7年11月
まちづくりシンポジウム、企業説明会の開催

 ◆ 同年12月
用途地域、地区計画の都市計画の変更

 ◆ 平成8年9月
土地区画整理事業起工式

 ◆ 平成9年2月
サンポート高松公共施設景観設計検討委員会設置

 ◆ 同年7月
サンポート高松推進懇談会設置

 ◆ 平成10年4月
まちづくり協議会発足

 ◆ 同年10月
2万トン級岸壁完成
シンボルタワー公共施設整備構想(案)を発表

 ◆ 同年11月
玉藻防波堤灯台点灯開始
高松港港湾計画の変更
高松駅前広場地下駐車場(仮称)起工式

 ◆ 平成11年1月
高松港港湾旅客ターミナルビル(仮称)起工式

 ◆ 平成12年3月
新JR高松駅舎起工式 シンボルタワー(仮称)等基本計画策定

 ◆ 平成13年5月
新JR高松駅等開業

 ◆ 同年8月
サンポート高松シンボルタワー(仮称)の起工式

「平成14年度版 市政概況」より

  
ボタン 前へ ボタン 表へ ボタン 次へ