ミニ年表 ★069

ボタン トップ


『高松市・高速道路時代に突入』


平成4年,高速道路が高松西インターまで開通した。
高速道路時代の到来である。
それに至るまでと,現在までの経緯は,以下のとおり。

 ◆ 昭和41年7月1日
高松・須崎間151kmの予定路線指定

 ◆ 昭和44年1月22日
高松・大野原間45kmの基本計画決定

 ◆ 昭和57年1月20日
高松・善通寺間22kmの整備計画決定

 ◆ 昭和60年3月25日
高松・善通寺間21.7kmの路線発表

 ◆ 同年同月27日
四国で初の高速道路三島川之江―土居間11kmが開通(縦貫道)

 ◆ 同年12月7日
高松・東讃高規格幹線道路建設促進期成同盟会設立

 ◆ 昭和63年8月1日
東四国横断自動車高松・引田間建設促進期成同盟会設立

 ◆ 同年3月1日
中間町・前田東町間の高架構造計画を発表

 ◆ 平成2年12月25日
高松市内区間都市計画決定

 ◆ 平成3年12月3日
高松市内間13km,津田・鳴門間36kmの整備計画路線への格上げ決定

 ◆ 平成4年4月19日
高松西・善通寺間21.7kmが開通

 ◆ 平成5年11月19日
高松市内区間及び津田・鳴門間に施行命令

 ◆ 平成6年9月20日
高松市内区間及び津田・鳴門間の事業実施計画認可

 ◆ 平成10年3月26日
津田東・さぬき三木間13.3kmが開通(高松東道路)

 ◆ 平成13年3月29日
高松中央・さぬき三木間6.8kmが開通

 ◆ 平成15年3月30日
高松中央・高松西間9.0kmが開通

「平成14年度版 市政概況」より

  
ボタン 前へ ボタン 表へ ボタン 次へ