ミニ年表 ★036

ボタン トップ


『第一次上海事変と高松の関連』


満州事変後に起こった日中間の紛争が,第一次上海事変である。
この戦いには善通寺第11師団が派遣された。
多くの郷土出身者が参加したのである。

 ◆ 昭和7年2月頃
第一次上海事件おこる

 ◆ 同年2月24日
善通寺第11師団に出動命令

 ◆ 同年2月25日
応召者を見送る人達が高松駅にあふれた
古高松尋常高等小学校等,各地で壮行会が行われた

 ◆ 同年2月27・29日
第11師団 詫間港等から中国に向かう

 ◆ 同年3月1日
揚子江 七了口に上陸
総攻撃を開始

 ◆ 同年3月3日
戦闘中止

 ◆ 同年3月26〜30日
第11師団 高松港に凱旋

前年の満州事変やこの第一次上海事変以降,日本は第二次世界大戦に向けて突き進むのである。
それは,戦地に赴く将兵達は勿論,一般の人々にとっても苦難の道であった。

「高松百年史上巻」より

  
ボタン 前へ ボタン 表へ ボタン 次へ