ミニ年表 ★016

ボタン トップ


『宇高連絡船の開通』


明治43年(1910)6月12日,宇高連絡船が就航した。
高松発展の基礎を創った連絡船の誕生までを振り返る。

 ◆ 明治30年(1897)
高松築港第一次工事着手 第四次まで

 ◆ 明治36年3月18日
讃岐鉄道と山陽鉄道 連絡輸送をはじめる。1日2往復

 ◆ 明治40年4月1日
宇野港起工式

 ◆ 明治41年
高松築港第四次工事竣工

 ◆ 明治42年9月25日
宇野港竣工式

 ◆ 明治43年6月12日
宇野線開通
宇高連絡船就航
宇野側で式典開催

 ◆ 明治43年6月13日
高松で高松築港十周年記念を兼ねた祝賀会開催

 ◆ 明治43年7月1日
高松駅が移転

経緯をみてもわかるように,連絡船就航のポイントは,宇野線の完成,宇野港の完成であった。
就航した旅客船は,「玉藻丸」と「児島丸」で,224トン,乗客定員146名である。

「高松百年史上巻」&「香川県史近代1」より

  
ボタン 前へ ボタン 表へ ボタン 次へ