ミニ年表 ★005

ボタン トップ


『高松電灯株式会社について』


明治28年(1895)高松に電灯を始めて灯した
高松電灯株式会社の誕生までの
経緯を追ってみよう。

 ◆ 明治26年(1893)頃
牛窪求馬 高松電灯株式会社設立の運動を進める
資本金五万円で設立予定が,日清戦争で延期

 ◆ 明治27年3月
高松商工会議所で設立の可否について協議。

 ◆ 明治27年11月
県「電気営業取締規則」を制定

 ◆ 明治28年2月
高松電灯株式会社の設立認可

 ◆ 明治28年3月5日
設立総会 定款確定 取締役社長・塩田時敏,取締役・牛窪求馬

 ◆ 明治28年4月
会社設立

 ◆ 明治28年11月3日
試験点灯

 ◆ 明治28年11月7日
開業式

 ● 開業時の営業内容

電灯料需用戸数灯数電灯線
10燭光1灯
1カ月1円26銭
1日当たり4銭
294戸 657灯 田町南端まで 1,960m
片原町線 456m
兵庫町線 365m
供給先/内町の官庁や丸亀町・片原町・兵庫町等の商店
  福善寺にあった市役所には電灯がついていたのであろうか?

「高松市百年史上巻」より

  
ボタン 前へ ボタン 表へ ボタン 次へ