ミニ年表 ★004

ボタン トップ


『香川県尋常中学校開校以後』


明治26年(1893)香川県尋常中学校が
現在の高松工芸高等学校の敷地に開校した。
それ以降,高松中学校になるまで。

 ◆ 明治26年(1893)6月
香川県尋常中学校開校 本校高松,分校丸亀
初年度入学者数 本校158人,分校98人

 ◆ 明治29年9月
寄宿舎の完成

 ◆ 明治31年
高松尋常中学校と改称 丸亀分校独立(現在の丸亀高校)のため

 ◆ 明治32年
香川県高松中学校と改称

 ◆ 明治33年4月
大川分校を三本松中学校に設置

 ◆ 同年5月
香川県立高松中学校と改称

 ◆ 明治36年
大川分校独立(現在の三本松高校)

高松中学校はこのあとも幾多の変遷を経て,現在の高松高校になる。
県下の「高松高校」「丸亀高校」「三本松高校」が兄弟の関係にあたることを知っていましたか。

「高松市百年史上巻」より

  
ボタン 前へ ボタン 表へ ボタン 次へ