一口メモ ★013

ボタン トップ


『高松市の直営・職業紹介所』



 大正9年(1920)高松共済会が職業紹介所を設置した。労働争議が多発するなど,働く多くの市民にとって大変な時代であった。
昭和4年4月には,市営となる職業紹介所から当時の求人事情をのぞいてみよう。


年 次 求人数/人 求職者数/人 求職者数
/求人数
×100(%)
就職者数/人 就職者数/
求職者数
×100(%)
大正9年 249 171 68.67 30 17.54
大正10年 219 169 77.17 63 37.28
大正11年 304 231 75.99 74 32.03
大正12年 567 470 82.89 95 20.21
大正13年 476 819 172.06 179 21.86
大正14年 742 1,252 168.73 412 32.91
大正15年
昭和元年
1,175 1,458 124.09 495 33.95
昭和2年 1,525 1,819 119.28 601 33.04
昭和3年 2,342 1,965 83.90 1,032 52.52
昭和4年 2,360 2,234 94.66 1,034 46.28
昭和5年 3,162 3,624 114.61 1,515 41.80
昭和6年 4,417 6,328 143.26 2,299 36.33

 以上のように,職を得た人の割合は少なかった。
 市民は職業を得るために,苦労をしたことがうかがえる。


「高松市史」より
  
ボタン 前へ ボタン 表へ ボタン 次へ