高松の歴史年表T

高松の原始・古代

2階層上の頁へ


1階層上の頁へ


近現代の頁へ


中世の頁へ
大空遺跡
大空遺跡出土土器一括出土した弥生土器。香川県における弥生研究の端緒になった
石清尾古墳群
石清尾古墳群石を積んで造られた古墳・積石塚古墳が集中することで有名。国指定史跡
屋島城跡
屋島城跡天智天皇6年,大和朝廷によって築城された朝鮮式山城。国指定史跡
田村神社
田村神社延喜式内大社で讃岐の一宮。伝説によれば本殿下の泉には龍が棲む
旧石器時代ロゴ

縄文時代ロゴ

弥生時代ロゴ

古墳時代ロゴ

飛鳥時代ロゴ

奈良時代ロゴ

平安時代ロゴ



約30,000年前
 

日本列島は大陸と地続きになり,ナウマン象やオオツノジカなどが棲息するナイフの形をした石器が各地で使われる
約20,000年前   ナイフの形をした石器が各地で使われる
この頃の高松および周辺の代表的遺跡/中間西井坪遺跡(中間町),国分台遺跡(国分寺町)
約14,000年前   細石器(組み合わせて使う小さな石器)が各地で使われる
この頃の高松周辺の代表的遺跡/塩飽諸島遺跡群(坂出市)


約13,000年前
 

土器,少し遅れて弓矢(石の鏃)が出現する
この頃の高松の代表的遺跡/大池遺跡(木太町)
約10,000年前   海面の上昇により,瀬戸内海が現在の形に近くになる
この頃の高松周辺の代表的遺跡/小蔦島貝塚(三豊郡仁尾町),ナカンダ浜遺跡(坂出市)


紀元前4世紀頃
 

大陸から稲刈りや,金属の道具が伝わる
林坊城遺跡(林町)から,クワなどの木製の道具が出土した
紀元前3世紀頃   高松平野が開発され,稲作の村が広がる
この頃の高松の代表的遺跡/さこ長池遺跡(林町),天満宮西遺跡(松縄町)
57       倭の奴国王,中国後漢の国王から金印を授かる
この頃の高松の代表的遺跡/さこ長池遺跡(林町),井出東遺跡(松縄町)
1世紀頃       高松平野の丘陵において高地性集落が多くつくられる
この頃の高松の代表的遺跡/久米池南遺跡(東山崎町ほか),中山田遺跡(池田町)
239       邪馬台国女王卑弥呼,中国の魏国から親魏倭王の金印を授かる
この頃の高松の代表的遺跡/天満宮西遺跡(松縄町),前田東中村遺跡(前田東町)


4世紀
     

前方後円墳が全国各地で造られはじめる
石清尾山では,石を積んだ積石塚が造られる
この頃の高松の代表的遺跡/鶴尾神社4号墳(西春日町),猫塚古墳(鶴市町),高松市茶臼山古墳(東山崎町ほか)
5世紀       伝仁徳天皇陵古墳などの巨大な古墳が造られる
この頃の高松の代表的遺跡/今岡古墳(鬼無町佐料),女木丸山古墳(女木町)
478       倭王武,中国の宋に使いをだす
538       仏教が正式に伝えられる
6世紀後半       高松平野において横穴式石室が多く造られる
この頃の高松の代表的遺跡/久本古墳(新田町),南山浦古墳群(西春日町) ,神高古墳群(鬼無町山口),矢野面古墳(三谷町)


593
     

聖徳太子,摂政になる
645   大化1年   大化の改新が行われる
663   天智2年   朝鮮半島の白村江の戦いで,日本が敗れる
667   天智6年   屋島に,城が築かれる(日本書紀)
672   天武1年   壬申の乱がおこる
7世紀後半       高松平野において寺が造られ始める
この頃の高松の代表的遺跡/下司廃寺(東植田町),坂田廃寺(西春日町)
8世紀初頭       現在の国道にあたる南海道が整備され,三谷町付近に三谿駅が造られる


710
 

和銅3年
 

平城京(奈良市)に都が移る
735   天平7年   弘福寺領讃岐国山田郡田図がこの年に作られたといわれる
741   天平13年   国分寺,国分尼寺を造るよう各国に命じる
讃岐国分寺,国分尼寺(綾歌郡国分寺町)が建立される
752   天平勝宝4年   東大寺の大仏が造られる


794
 

延暦13年
 

平安京(京都市)に都が移る
821   弘仁12年   空海が満濃池の修理工事に着手する
883   元慶7年   香川郡出身の明法家(法律家)・秦直宗,直本兄弟,惟宗朝臣(これむねあそん)の姓を賜う
直本,後に令集解(りょうしゅうのげ)を編纂
921   延喜21年   香川郡坂田出身の僧・観賢,空海に諡号を賜わらんことを奏上
空海,弘法大師の諡号を賜う
927   延長5年   延喜式が完成する
田村神社が名神として記載される
939   天慶2年   藤原純友の乱がおこる<
讃岐国府(坂出市)が乱により炎上する
1156   保元1年   保元の乱がおこる<
崇徳上皇,讃岐に流される
1168   仁安3年   西行法師,白峰崇徳院陵に詣でる


2階層上の頁へ


1階層上の頁へ


近現代の頁へ


中世の頁へ