高松の方言  【た】の項


言  葉内       容

たぁちゃん(人称)

お母さん。子ども用語。成人語の「おたぁさん」から生まれた言葉であろう。全国共通語は「かぁちゃん」。

たいも(野菜類)

里芋(さといも)。里芋は,湿地帯を好み,乾燥しやすい畑地では成育しないから,田いもの言葉ができたのだろう。別に地芋(じいも)ともいう。沖縄地方では,たいむ(田芋)といっている。

だいじょう(人称)

配偶者を迎えた家つき娘。夫(おっと)を迎えて,その家の名代(みょうだい)だという考え方から,「だいじょう」と呼ばれている。「代女」のなまりか,「代上(だいじょう)」か,よくわからない。

だか(祭り行事)

神輿渡御(みこしとぎょ)の先導をつとめるもの。俗に天狗(てんぐ)さまといわれる猿田彦命(さるたひこのみこと)の仮装者をいう。天狗面の特徴である「鼻高(はなだか)」の「だか」を採ったものであろう。

たかぶくり

高下駄(たかげた)。「たかばくり(高木履)」のなまり。

たきもん(燃料)

(たきぎ)。「焚き物(たきもの)」のなまり。

たく

(に)る。「炊(た)く」という意味で,全国共通語。もっとも,東京では,ご飯の場合は「たく」,その他の場合は「にる」と,区別している。

たくばえる

ためる。「たくわえる」のなまり。

たぐる(病気)

(せき)をする。別に「たぐり」ともいい,せきの古語「多具理(たぐり)」がよりどころであろう。

だじない

心配するな・さしつかえない。「大事(だいじ)ない」のなまり。

だすい

ゆるい・締まりがない・だらしがない。抜けることの「脱(だっ)す」に関係があるらしい。

だち

ものごとのけじめがつかぬ。「らちがあかぬ」というが,その「らち」のなまり。

たった

満足した・充分(じゅうぶん)だ。「足(た)りた」のなまり。

たった

わずか(僅少)。「ただ(唯)」のなまり。全国共通語。

たのき(動物)

「狸(たぬき)」のなまり。

たのきずし(食べ物)

稲荷(いなり)ずし。「たぬきずし」のなまり。東京では,狐(きつね)は油揚げが好きだという言い伝えから,「きつねずし」といい,そのきつねはお稲荷さまの使いだというので,別名を「いなりずし」と呼んでいる。

だまきっとる

(だま)っている。「だまりきっている」のつづまりらしい。

たりぐい

満腹(まんぷく)。足り食い,不足なく食べるということ。

たりんなる

参考になる・プラスになる・役に立つ。「足(た)しになる」のなまりである。

たる

じゅうぶん・満足。「足(た)る」こと。

たーん

捨てる。幼児語。物を捨てたときに起こる反響,「ターン」から生まれたものであろう。東京では「ぱい」という。これは「ぽい」のなまり。

たんご(農具)

下肥桶(しもごえおけ)。「担桶(たご)」のなまり。関東では「肥担桶(こえたご)」という。

だんと

小さい子どものむずかること。言葉のよりどころは不明。東京では,「駄々(だだ)をこねる」という。

だんな

そのとおり・ちがいがない。「だろう」ということ。
例 「あの男やったら,やるだんな。」

だんない

かまわぬ。「大事(だいじ)ない」のなまりであろう。

たんねる

(さが)す。「尋(たず)ねる」のなまり。



ボタン   ボタン   ボタン

それぞれにリンクを貼っています

第16項
イラスト