高松の方言  【ね】の項


言葉内容

ねいや(人称)

お手伝いさん。

ねざ(家具)

ふとん類・寝台など。「寝座(ねざ)」であろう。

ねしょう

女。「女性(にょしょう)」のなまりであろうが,讃岐では,女性を侮辱(ぶじょく)した呼び方と考えられている。

ねぶる

(なめ)る・しゃぶる。古語の「ねぶる」を伝承したものであろう。

ねらむ

「にらむ」のなまり。

ねりざけ

白酒(しろざけ)。煉り酒の意味である。

ねれる

眠むれる。そのなまり。
例 「ゆうべは,よう,ねれた。」「暑うて,ねれなんだ。」「疲れたら,よう,ねれる。」

ねんごう

子どもたちが自慢にしたり,生意気(なまいき)をいったりすること。別に「ねんご」ともいう。関東では,「こま(高慢)ちゃくれる」という。
例 「子どものくせに,ねんご,いうな。」



ボタン   ボタン   ボタン

それぞれにリンクを貼っています

第24項
イラスト