高松の方言  【ま】の項


言  葉内       容

まあまあ

可もなく不可もなし。全国共通語の「まずまず」に同じ。

まぁせ

なさい・下さい。
例 「おいでまぁせ」「お上りまぁせ」,いずれも,丁寧な言葉となっている。

まぁなし

絶えず・間断なく。「間(ま)なし」のなまり。

まぁり

「まわり(周囲)」のなまり。

まいあがり

おだてにのる。まわりから煽動(せんどう)されて,いい気持ちになり,調子にのり,舞いあがるという意味らしい。

まいのけ(人体)

眉毛(まゆげ)。「まゆ」が「まい」になまったもの。

まいこむ

@転がり込む・落ち込む。A水におぼれる。「まきこまれる」という意味であろう。

まえ

なさい。
例 「来(き),まえ(来なさい)。」

まがる

じゃま・さまたげ・障害。真っすぐでなく曲がっているから,それが,じゃまであり,さまたげになると解釈されている。

まける

こぼれる・あふれる・もれる。
例 「水がまける(水がこぼれる)。」

まけんき

勝ち気。「負けん気」であろう。

ますげ(人体)

「まつげ」のなまり。

まじ(気象)

西南の風。夏から秋にかけて吹く讃岐の季節風。「まぜ」のなまり。

まぜる

可愛(かわい)がる・大切にする。「愛(め)ずる」からでたものと思われる。

またい

弱い・もろい。語源不明。

まっつい

まったく同じ・瓜(うり)ふたつ。「真対(まつい)」である。

まっと

もう少し。「もっと」のなまり。

まっとう

正しい・真正面(ましょうめん)。「真(ま)(とう)」であろう。

まどう

(つぐな)う・弁償する。「まどう」は共通語。

まに

「真似(まね)」のなまり。

まばい

まぶしいこと。「まばゆい」のなまり。

まぶれる

「塗(まみ)れる」のなまり。

まん

順番。「番(ばん)」のなまり。

まんがわるい

面目(めんもく)が立たない・調子がよくない・具合が悪い。「間(ま)が悪い」のなまり。

まんする

やめる・中止する。「間(ま)にする」,一息いれるという意味。

まんだら

「斑(まだら)」のなまり。東京では,「ぶち(斑点)」という。

まんまんさん

仏さま。幼児語。「なんまい(南無阿弥)さん」のなまり。



ボタン   ボタン   ボタン

それぞれにリンクを貼っています

第31項
イラスト