タイトル
屋島

牛若丸弁慶を伏さしむる図

牛若丸弁慶を伏さしむる図
資料データ
歌川国芳筆
大判錦絵三枚続
縦36.4 横74.3(cm)
江戸時代
弘化4年(1847)〜
嘉永5年(1852)

 歌川国芳(1797〜1861)は,江戸後期の浮世絵師。初代歌川豊国の門人で,号は一勇斎・朝桜楼。文政(1818〜29)末の《通俗水滸伝豪傑百八人》の錦絵シリーズが好評を博し,「武者絵の国芳」と呼ばれた。武者絵の他にも,風景画では洋風陰影法を取り入れて新境地を開拓し,天保の改革(風俗上よくないとの理由で,役者絵・遊女絵の売買が禁じられた)に対しては,諧謔味あふれる戯画・諷刺画を描いて反骨精神を見せるなど,豊かなアイディアとバイタリティーを持ち合わせた絵師だったといえる。
 五条橋での牛若丸と弁慶を描いている。二人が出逢った際,武蔵坊弁慶は比叡山の悪僧として名を轟かせ,自らのコレクションにするため,千本を目標に他人の太刀を,夜の五条橋で強奪するという毎日を送っていた。そんな弁慶がちょうど千本目の獲物として目をつけたのが,牛若丸の太刀だったのであるが,身軽で武勇に長けた牛若丸には歯が立たず,とうとう懲らしめられてしまう(『義経記』)。二人の一騎打ちとして知られている話であるが,本図の二人の間には,鞍馬山の大天狗僧正坊を始めとする諸山の天狗八人が牛若丸の影身として描かれており,彼らは牛若丸の応援をして,弁慶を翻弄するのに一役買っている。本来の牛若丸・弁慶伝説では,二人の対決に天狗たちはもちろん登場しないが,この種の図様は,様々に時点・姿態・付加人物等工夫が凝らされて描かれることが多いため,本図もそのひとつと言うことができよう。
 ちなみにその後の弁慶は,よく知られているように,義経の一番の忠臣となって,主人とどこまでも運命を共にすることとなる。



ここをクリックするとリンク先があらわれます