タイトル
屋島

大物浦平家亡霊図

大物浦平家亡霊図
資料データ
歌川国芳筆
大判錦絵三枚続
縦39.2 横76.8(cm)
江戸時代
弘化4年(1847)〜
嘉永5年(1852)

 歌川国芳(1797〜1861)は,江戸後期の浮世絵師。初代歌川豊国の門人で,号は一勇斎・朝桜楼。文政(1818〜29)末の《通俗水滸伝豪傑百八人》の錦絵シリーズが好評を博し,「武者絵の国芳」と呼ばれた。武者絵の他にも,風景画では洋風陰影法を取り入れて新境地を開拓し,天保の改革(風俗上よくないとの理由で,役者絵・遊女絵の売買が禁じられた)に対しては,諧謔味あふれる戯画・諷刺画を描いて反骨精神を見せるなど,豊かなアイディアとバイタリティーを持ち合わせた絵師だったといえる。
 本図は,国芳の代表作のひとつである。大物浦沖で嵐に遭った義経主従を描く。国芳はこの大物浦という主題を気に入ったのか,本図も含めて様々な趣向で描いている。
 本図では,平知盛個人の亡霊ではなく,平氏の人々全体の怨念が何か得体の知れない化け物となって,義経たちを襲っている。化け物の実体のなさを国芳は影という形に描くことで表現した。



ここをクリックするとリンク先があらわれます