タイトル
屋島

壇浦戦之図

壇浦戦之図
資料データ
歌川国芳筆
大判錦絵三枚続
縦36.7 横74.4(cm)
江戸時代
天保14年(1843)〜
弘化4年(1847)

 歌川国芳(1797〜1861)は,江戸後期の浮世絵師。初代歌川豊国の門人で,号は一勇斎・朝桜楼。文政(1818〜28)末の《通俗水滸伝豪傑百八人》の錦絵シリーズが好評を博し,「武者絵の国芳」と呼ばれた。武者絵の他にも,風景画では洋風陰影法を取り入れて新境地を開拓し,天保の改革(風俗上よくないとの理由で,役者絵・遊女絵の売買が禁じられた)に対しては,諧謔味あふれる戯画・諷刺画を描いて反骨精神を見せるなど,豊かなアイディアとバイタリティーを持ち合わせた絵師だったといえる。
 寿永4年(1185)3月の長門国壇の浦合戦における平知盛の壮烈な最期を描く。平知盛とは,平清盛の子の一人で,武勇の将として有名であり,江戸時代には,謡曲「碇潜」や浄瑠璃「義経千本桜」によって,その最期は大碇を抱いて入水するという勇壮なものであった,という説が一般に普及した。
 本図では,「義経千本桜」のうち「渡海屋の段」の登場人物が点出され,場面設定も舞台のように描かれて,武者絵に仕立てられている。画面中央の人物が知盛で,矢傷を負った死相の知盛は大網を身体に巻いて,大碇を差し上げて入水寸前の〈碇知盛〉の見得をきっている。画面上方に,船団や八艘飛びをする義経が影絵のように描かれており,面白い趣向といえる。



ここをクリックするとリンク先があらわれます