タイトル
那須与一

屋島合戦

 かつて源氏と平氏が戦闘を繰り広げた名高い古戦場のひとつとして,高松には屋島があります。

 よく知られているように,農家の草屋根の形をした屋島は現在,瀬戸内海に突き出した台地形の半島ですが,源平合戦があった頃は,その名が示すとおり,相引川によって四国本土とは隔てられたひとつの島でした。

 一の谷の戦で惨敗した平氏は,安徳天皇を奉じて屋島の檀の浦にその本拠を構えていました。平氏の瀬戸内海における制海権は,いまだに強力であったからです。

 敵は海路より攻めてくるものとばかり考えていた平氏陣営は,海側に警備を集中させていました。兵船を海上に配置する一方で,入江を隔てた対岸の庵治の船隠しに軍船五百隻を待機させ,源氏の軍船がやってきたら,挟み打ちにするという計画でした。

 ところが,寿永4年(1185)2月,源義経率いる源氏勢は,その裏をかいて船で直接屋島には向かわず,阿波の海岸に渡ります。このとき,ふつうなら三日かかるところを風に助けられて,わずか六時間くらいで到着したといいます。そして時を置かず,二日がかりの道のりを一晩で一気に屋島まで進軍しました。

 屋島の内裏は火を放たれ,慌てふためいた平氏方は,船で沖へと逃げ出し,そのあとは壮絶な矢合戦となります。義経の身代わりとなって討ち死にする佐藤継信,那須与一の扇の的,義経の弓流しなど,数々のエピソードが展開され,屋島は歴史物語の舞台として,華やかな彩りを見せました。

 屋島とその周辺には,源平合戦ゆかりの史跡が今もいくつか伝えられています。それらによれば,主戦場となったのは,屋島東小学校がある檀の浦一帯です。付近には,安徳天皇の行宮跡(もとは五剣山南麓の六万寺に置かれていた)といわれる安徳天皇社をはじめ,佐藤継信の墓,菊王丸の墓,那須与一の祈り岩,駒立岩などがあり,また,「源氏峰」「船隠」「血の池」などの地名に,源平の昔を偲ぶことができます。

  各ページへ
文字をクリックして!
 表紙へ
 
 源平合戦とは何か
 
 源平合戦の絵画化
 
 屋島の源平史跡地図