拾参 石清尾山古墳群 


総投票数

338票
姫塚古墳
姫塚古墳 石を積みあげて古墳は造られた

  石清尾山古墳群   φ  ∵  ≠  刀@ Ж  ♪  ‰
猫塚古墳
古墳群中最大の猫塚古墳

竪穴式石室
猫塚古墳竪穴式石室
(保護のため埋戻す)
当時の石積
当時の石積が残るものもある

石清尾山2号墳
石清尾山2号墳(横穴式石室)
 石清尾山(峰山)や紫雲山の山頂や尾根筋に,多くの古墳が築かれている。それらの多くは,石を積んで造られた積石塚であることが有名である。なかでも,全国的にも珍しい2基の双方中円墳「猫塚古墳・鏡塚古墳」,7基の前方後円墳「鶴尾神社4号墳・姫塚古墳・小塚古墳・石船塚古墳・北大塚古墳・北大塚西古墳・石清尾9号墳」,1基の方墳「北大塚東古墳」の合計・10基の積石塚古墳が,国の史跡に指定されている。(他に2基の盛土墳・横穴式石室墳も指定)
 このうち猫塚古墳や鶴尾神社4号墳は築造が古く,4世紀前後には既に出現していたと考えられる。その後順次築かれ,5世紀頃には積石塚の築造が終焉している。百年余りの期間に集中して築かれたことになり,当時・高松の領域に大きな勢力が存在していたことが知られる。
 積石塚による前期の古墳群としては,県下はもとより全国でも類例を見ない規模と内容を持つ。
 また,指定されている石清尾山2号墳等の横穴式石室墳も数多く所在する。


  リンク一覧   Ω  ¢  Ю  凵@ б  ¶  ∝
トップページ 前項へ 次項へ
     
一覧表 所在地 交通案内
       
石清尾山古墳群