高松市香南歴史民俗郷土館

古きをたずねて
  新しきを知る
 その昔は南北朝時代(1300年代)のこと
  京都から讃岐に渡ってきた由佐秀助という武将がおりました。
  足利尊氏に属して功績をあげ、
  この地を賜りここに由佐城を築城しました。
  この郷土館は、その居城跡に城の土塁といわれるものなど、
  古い屋敷の一部を大切に活かして庭を造り、
  城をかたどって創られた郷土館です。