館の概要
施設の概要__________
名称_____高松市香南歴史民俗郷土館
所在地____香川県高松市香南町由佐253番地1
敷地総面積__2,685.17u
建築総面積__658.56u(本館、天守閣、連絡部、収蔵庫)
延床面積___1,144.30u
庭園総面積__1,415.00u
構造_____鉄筋コンクリート2階建(本館。連絡部、収蔵庫)
施設の利用__________
休館日____月曜日(休日に当る場合は翌日)
_______年末年始(12月29日〜1月3日)
開館時間___9時〜17時
________ただし、入館は16時30分まで
入館料____無料
連絡先____________
電話_____087−879−0717
メール____kounanrekishi@city.takamatsu.lg.jp
館の内部__________
歴史展示室へ 市民ギャラリーへ 第一研修室へ 第二研修室へ 受付・ホールへ 図書室へ 庭園へ 民俗展示室へ
季節が薫るやすらぎの庭
198坪の和風庭園には、旧由佐邸にあった灯籠や飛び石、樹木 などが大切に配置され、四季折々の自然を活かした由緒ある佇まいを見せています。

庭園
季節にひかる暮らしの知恵
雨の少ない讃岐にあって、水に恵まれた高松の南部にある香南町は、その昔から稲作を中心に栄えてきました。水車の模型や昔ながらの米作りの道具、暮らしの中の品々を季節ごとにわかりやすく展示しています。
 詳しくは、 民俗展示室へ 

民俗展示室
でっかい獅子がお迎えします
ホール正面にあるのは、県指定有形民俗文化財の獅子頭です。 冠纓神社の大祭の神幸に参加する日本一の大きさを誇る夫婦大獅子のひとつです。本物なのでお祭には留守になります。

受付・ホール
深い歴史を旅しましょう
庭園に面した静かな図書室でじっくりと読書ができます。 郷土史を中心とした資料も充実していますので、歴史の勉強にはぴったりです。なお、一般図書については、貸出もしています。

図書室
文化を応援します
高松市香南歴史民俗郷土館が主催で行う企画展や、市内の文化クラブの協力を得て実施する展覧会を開催する市民ギャラリー。 展示が無いときには、小ホールとしても利用できます。
 詳しくは、 料金表へ 

市民ギャラリー
ふるさとの歴史ダイジェスト
古墳時代の埋蔵品から由佐家にまつわる古文書、郷土の偉人、儒学者中山城山の残した歴史資料など香南町を中心とした高松市の南部地域の歴史をたどる展示室です。
 詳しくは、 歴史展示室へ 

歴史展示室
いろいろな会合にどうぞ
第一研修室は、約30人が利用できる会議室です。 会議ばかりでなく、館主催の各種講座に利用するなど歴史を学ぶ場としても活用されています。
また、貸室もしていますので、ご利用ください。
 詳しくは、 料金表へ 

第一研修室
豪華な茶室は殿さま気分
和室仕様の研修室です。さまざまな会合などに利用できます。
特にお茶席のしつらえもあり、日本文化を学ぶスペースにもなっています。
第一研修室と同じく貸室も行っています。
 詳しくは、 料金表へ 

第二研修室