このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
高松市公式ホームページ Takamatsu City Official Web Site もっと高松 活力にあふれ創造性豊かな瀬戸の都・高松
  • くらしの情報
  • 観光・文化・スポーツ
  • 事業者の方
サイトメニューここまで

本文ここから

塩江温泉郷の有効活用に向けてのサウンディング型市場調査(平成28年度)

更新日:2018年3月1日

塩江温泉郷の有効活用に向けてのサウンディング型市場調査を実施いたします。                                (募集は終了いたしました。)

1 調査目的

 塩江温泉郷は、高松の奥座敷といわれ、名僧行基により発見された歴史ある名湯であり、国民保養温泉地に指定されています。
この貴重な温泉資源や周辺の自然観光の保全に努め、土地・建物の活用について、地域活性化や誘客など広い視野をもった検討を行っています。
 しかしながら、市有施設の老朽化等により、更新や大規模修繕を必要とする施設があり、また、山間地域であるため、過疎化の進行による、生活・生産基盤の弱体化から、健全な地域社会の維持が困難となることが懸念されています。
 そこで、厳しい財政状況の下、今後の公共施設の整備、維持管理、サービス水準の確保において、公民連携による様々な可能性を調査・把握したいと考えています。

2 スケジュール

日時 内容
平成28年5月2日(月曜日) サウンディングの実施について公表
平成28年6月2日(木曜日) 参加事業者現地見学会
平成28年6月6日(月曜日)から6月17日(金曜日)まで サウンディングの参加申込
平成28年6月27日(月曜日)から7月8日(金曜日)まで サウンディングの実施(民間事業者との対話)
平成28年7月19日(火曜日)以降

サウンディングの実施結果概要の公表
活用案の検討

3 対話内容

 塩江温泉郷は、高松の奥座敷とも称される歴史ある名湯であり、本市においては、塩江温泉郷活性化基本構想(仮称)の策定に向け、取り組んでいるところですが、この貴重な温泉資源や周辺の自然環境の保全とともに、温泉、自然、歴史、産業など、様々な観光資源を複合的につなぎあわせた誘客の仕組みを構築できるような施設活用のアイデアを求めています。

1. 塩江温泉郷における市有施設を活用して展開できる事業アイデアをお聞かせください。
   事業アイデアは、以下の可能性も含めて、提案をお願いします。
 (1) 塩江温泉郷における市有施設の一体的な整備・運営についての提案
   (6施設の一体的な整備・運営の提案を前提としますが、場合によっては、単体施設のみの提案も可能
    とします。)
 (2) 国民保養温泉地として指定を受けた自然環境、まちなみ、歴史、風土、文化等を活用した提案
 (3) 本市の所有する源泉を活用した提案
 (4) 温泉を好む外国人観光客のニーズを活用した提案
 (5) その他、山間地の抱えた問題(独自調査により地域問題など)に関連した提案

2. 1の条件による活用が困難な場合は、当該施設についてどのような活用ができるかお聞かせください。

3. 当該施設の有効活用について、地域貢献の取組等のアイデアがあればお聞かせください。

4. その他、事業実施に当たり、行政に期待する支援や配慮してほしい事項について、御意見をお聞かせ
  ください。

4 現地見学会の開催(事前申込制)

 当該施設の概要及び対話(サウンディング型市場調査)の実施方法について、サウンディングへの参加を希望する事業者向けの現地見学会を実施します。
 参加を希望される方は、期日までに下記申込先へ、参加者の氏名、所属企業部署名(又は所属団体名)、電話番号を明記の上、電子メールにて御連絡ください。なお、件名には【現地見学会参加申込】としてください。
  ※受信確認のため、電子メール送信後、送信した旨の連絡を市の執務時間中(日曜日、祝日法に定める休日及び土曜日以外の日の午前8時30分から午後5時15分まで)に電話連絡してください (電話:087-839-2262) 。

(1)日時   平成28年6月2日(木曜日) 午後2時から開始

(2)場所   高松市塩江支所内会議室

(3)申込期日 平成28年5月23日(月曜日) 午後3時まで

(4)申込先  高松市財政局財産経営課ファシリティマネジメント推進室
         電子メール : zaisankeieika@city.takamatsu.lg.jp

※現地見学会への参加は、対話への参加条件ではありません。

5 対話参加の申し込み

 参加を希望する場合は、別紙の参加申込書兼誓約書に必要事項を記入し、平成28年6月6日(月曜日)から6月17日(金曜日)午後3時までに連絡先電子メールアドレス宛てに参加申込を行ってください。件名は【サウンディング参加申込】としてください。
  ※受信確認のため、電子メール送信後、送信した旨の連絡を対話申込期間中の市の執務時間中(日曜日、
   祝日法に定める休日及び土曜日以外の日の午前8時30分から午後5時15分まで)に電話連絡してくださ
   い (電話:087-839-2262) 。
 サウンディングの実施期間は、平成28年6月27日(月曜日)~7月8日(金曜日)のうち1日(1時間~1時間半程度)とします。参加希望日を実施期間内で第3希望まで記入してください (日曜日、祝日法に定める休日及び土曜日以外の日) 。
 後日、日程調整の上、実施日時及び場所を電子メールにて御連絡します。
 サウンディングに出席する人数は、1グループにつき3名以内としてください。

6 留意事項

(1)参加事業者の扱い
   サウンディングは参加事業者のアイデア及びノウハウの保護のため個別に行います。
   対話内容は、今後の検討において参考とさせていただきます。ただし、双方の発言とも、あくまで
  対話時点での想定のものとし、何ら約束等するものではないことを御理解ください。
   対話への参加実績は、事業者公募における評価の対象とはなりません。
   なお、対話内容が事業者公募の募集要項作成に当たり有益と判断した場合は、公募の際にインセン
  ティブ加点を検討する場合もあります。

(2)サウンディングに関する費用
   サウンディングへの参加に要する費用は、参加事業者の負担とします。

(3)追加対話への協力
   必要に応じて追加対話(文書照会含む)やアンケートを実施させていただくことがあります。御協力
  をお願いいたします。

(4)実施結果の公表
   対話の実施結果については、概要をホームページ等で公表します。
   公表に当たっては、事前に参加民間事業者に内容の確認を行います。
   参加民間事業者の名称及び企業ノウハウに係る内容は、公表しません。

(5)参加条件
 (1) 地方自治法施行令(昭和22年政令第16号)第167条の4の規定に該当しない者であること。
 (2) 参加申込書提出時点で、高松市指名停止等措置要綱(平成24年5月28日(高松市告示第403号))
   に基づく指名停止を受けていない者であること。
 (3) 会社更生法(平成14年法律第154号)及び民事再生法(平成11年法律第225号)に基づく更生・
   再生手続き中の者でないこと。
 (4) 暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律(平成3年法律第77号)第2条第2号に規定する
   暴力団及び高松市発注建設工事等の契約に係る暴力団等排除措置要綱に該当しない者であること。
 (5) 高松市税(全科目)を滞納していない者であること。
 (6) 法人税並びに消費税及び地方消費税を滞納していない者であること。
   ※(5)、(6)は、参加申込書提出の時点に滞納していない者
   参加条件に該当しない旨の参加申込書兼誓約書を提出すること。

7 実施要領

8 連絡先

〒760-8571 香川県高松市番町一丁目8番15号
高松市 財政局 財産経営課 ファシリティマネジメント推進室
電話:087-839-2262(ダイヤルイン) 担当 東原・大比賀
ファクス:087-839-2166
Eメール:zaisankeieika@city.takamatsu.lg.jp

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

このページは財産経営課 ファシリティマネジメント推進室が担当しています。
〒760-8571 高松市番町一丁目8番15号本庁舎3階
電話:087-839-2262
ファクス:087-839-2166

Eメール:zaisankeieika@city.takamatsu.lg.jp

本文ここまで


以下フッターです。

高松市

〒760-8571 香川県高松市番町一丁目8番15号
電話:087-839-2011(代表)
法人番号1000020372013
Copyright © Takamatsu City, All rights reserved.
フッターここまでページ上部へ