このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
高松市公式ホームページ Takamatsu City Official Web Site もっと高松 活力にあふれ創造性豊かな瀬戸の都・高松
  • くらしの情報
  • 観光・文化・スポーツ
  • 事業者の方
サイトメニューここまで

本文ここから

市長活動報告(平成30年4月)

更新日:2018年4月19日

4月18日(水曜日)公益財団法人高松市スポーツ協会発足記念式典

拡大画像

 本日、高松市内のホテルにおいて、高松市体育協会、高松市地区体育協会連絡協議会、高松市体力つくり市民会議、高松市スポーツ少年団及び公益財団法人高松市スポーツ振興事業団の5団体が一元化したことにより発足した「公益財団法人高松市スポーツ協会」の記念式典に出席し、祝辞を述べました。
 まずもって「高松市スポーツ協会」の発足に心からお祝いを申しあげますとともに、これまで発足のために御尽力されてこられました関係者の皆様に対し、深く敬意を表します。
 本市では、スポーツ施策を総合的・計画的に推進するため、平成28年度から8年間を計画期間とする「高松市スポーツ推進計画」を策定し、成人の週1回以上のスポーツ実施率を、平成27年度現在の53.1%から70%にまで高めることを基本目標として、各種施策に取り組んでおります。この度、スポーツに関係する諸団体が一元化された高松市スポーツ協会が誕生し、この目標達成に向けて、専門的な知識や経験、ネットワーク等が効率的・効果的に融合・連動されることとなったのは、真に喜ばしい限りです。また、競技力の向上はもとより、多くの市民がスポーツに触れ合う機会の創出、健康の保持増進やコミュニティの醸成等に積極的に取り組んでいただけることは、大変心強く感じており、スポーツによる活気あふれるまちづくりに寄与いただけるものと大いに期待しております。

4月15日(日曜日)第2回屋島GENPEIリレーマラソン 開会式

拡大画像

 本日、屋島レクザムフィールドにおいて開催されました「第2回屋島GENPEIリレーマラソン」の開会式に出席し、主催者として御挨拶を行いました。
 ここ屋島レクザムフィールドは、地域から愛され、地域に根ざした施設として、昨年4月にリニューアルオープンしてから、今月で1周年を迎えることとなりました。その間、多くの市民の皆様に健康づくりや体力づくりなどに幅広く御活用いただいているほか、中国・四国パラ陸上競技大会を始めとした各種競技大会に加え、合宿等にも活用されており、2月末には利用者が10万人に達したところです。
 本日は、222チーム、総勢1,543名の皆様に御参加いただき、中には、昨年の第1回大会に引き続いての御参加の方も多くいると伺っております。自己ベストを目指した方、自分のペースで完走を目指した方など、目標は様々であったかと思いますが、この大会の醍醐味である、仲間と力を合わせ、それぞれの想いをのせたたすきをつなぎ、ゴールテープを切る感動を選手皆様で共有していただけたものと存じます。
 本大会の開催にあたり、多大な御尽力を賜りました屋島GENPEIリレーマラソン実行委員会を始め、ボランティアスタッフ及び関係皆様方に、深く感謝申しあげます。

4月7日(土曜日)第6回小島烏水祭(こじまうすいさい)碑前祭

拡大画像

 本日、峰山公園はにわっこ広場において開催されました、第6回小島烏水祭に出席し、御挨拶を行いました。
 小島烏水は、1873年に高松市番町に生まれ、生業は銀行員でありながら、日本山岳会の創設者、山岳登山家、紀行作家として有名であるほか、文芸誌の編集者、さらには安藤広重などの浮世絵の研究家でもあったとお伺いしております。
 特に小島烏水が注目されたのは、1902年に槍ヶ岳を極めたことであり、日本山岳会の初代会長として、日本アルプスの探検的登山の実践とその著作を通じ、黎明期の日本近代登山を牽引されました。小島烏水の生誕の地である本市において、本年も小島烏水祭が開催されましたことを大変嬉しく存じます。
 登山は、楽しみながら自分にあったペースで山を登ることで、健康づくりに貢献するとともに、山登りという冒険に心躍らせ、美しい山の景色を見ることで心をリフレッシュできる、大変意義あるものと存じます。今後におきましても、これまで以上に登山愛好家が増え、登山の振興が図られますことを期待しております。

4月6日(金曜日)女木島さくらまつりオープニングセレモニー

拡大画像

 本日、サンポート高松の女木島行き乗船場において開催されました「女木島さくらまつり」のオープニングセレモニーに出席し、御挨拶を行いました。
 本市では、瀬戸内海の島々を含む、地域の魅力や文化芸術などの、国内外からの観光客に向けた情報発信や誘客促進を展開しているところであり、交流人口の更なる拡大を図り、地域の活性化につなげていく取組が求められております。
 この「女木島さくらまつり」では、本日から2日間、気軽に春の女木島を楽しんでいただくことができる様々なイベントが催され、来年開催されます瀬戸内国際芸術祭や、2年後の東京オリンピック・パラリンピックを控え、国内外からの来訪者の方々に、この瀬戸内海を含む、島の魅力をPRする貴重な機会になるものと、大いに期待しております。
 このまつりが、地域の活性化やにぎわいの創出に寄与する取組となりますことをお祈り申しあげます。

4月6日(金曜日)春の全国交通安全運動出発式及び啓発パレード

拡大画像

 本日、高松市立中央公園で行われました、春の全国交通安全運動出発式に出席して御挨拶を行うとともに、商店街での啓発パレードに参加しました。
 昨年、香川県内では、交通事故による死亡者数が昭和25年以来67年ぶりに40人台に減少しましたほか、発生件数、負傷者数につきましても、いずれも一昨年に比べ、減少したところです。また、本市におきましても県内と同様に、いずれの人数も減少しておりまして、これも、長年にわたり、官民が一体となって、各般の交通安全対策を精力的、継続的に推進してきた成果であると存じます。
 しかしながら、減少したとはいえ、人口10万人当たり交通死亡事故死者数は依然として全国ワースト上位から脱却できない状況が続いており、交通事故の状況は厳しい状況にあるものと存じます。
 本日から15日までの10日間展開される春の全国交通安全運動を通して、交通安全意識のなお一層の高揚と交通死亡事故の抑止が図られることを期待しております。

4月1日(日曜日)高松空港民間運営開始記念式典

拡大画像

 本日、高松空港株式会社による空港運営開始の日を迎え、石井国土交通大臣御臨席のもと、高松空港ビルにおいて民間運営開始の記念式典が盛大に執り行われました。
 本市では、交流人口の拡大に向けた取組として、瀬戸内海の島々を含む、地域の魅力や文化芸術などの、国内外からの観光客に向けた情報発信や誘客促進を積極的に展開しているところです。
 このような中、本日、高松空港の民間運営が開始されましたことは、公共交通ネットワークの利便性向上やMICE誘致など、地方創生や地域活性化につながる取組を推進している本市にとりましても、大きな後押しの力になるものと確信しております。
 高松空港株式会社におかれましては、民間の資金や経営能力を存分に活用され、地域経済を牽引していく空港運営を実現されることを期待しています。本市としましても、高松空港が西日本におけるゲートウェイの一つとして、更に飛躍・発展できますよう、関係者皆様方の御支援・御協力をいただきながら、地域活性化につながる取組を前進させてまいりたいと存じます。

お問い合わせ

このページは秘書課が担当しています。
〒760-8571 高松市番町一丁目8番15号本庁舎4階
電話:087-839-2131  ファクス:087-839-2129

(秘書係)
 ファクス:087‐839ー2381(市長への提言)

<秘書課> 
電話:087-839-2131
ファクス:087-839-2129

Eメール:hisyo@city.takamatsu.lg.jp

本文ここまで

サブナビゲーションここから

便利ナビ

  • 結婚 離婚
  • 妊娠 出産
  • 子育て
  • 入園 入学
  • 引越 住まい
  • 就職 退職
  • 高齢者 介護
  • おくやみ

このページを見ている人はこんなページも見ています

情報が見つからないときは

よくある質問

市長活動報告(平成30年度)

  • 市長活動報告(平成30年4月)
サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

高松市

〒760-8571 香川県高松市番町一丁目8番15号
電話:087-839-2011(代表)
法人番号1000020372013
Copyright © Takamatsu City, All rights reserved.
フッターここまでページ上部へ