このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらしの情報
  • 観光・文化・スポーツ
  • 事業者の方
サイトメニューここまで

本文ここから

高松市債権の適正管理方針

更新日:2020年6月8日

高松市債権の適正管理方針

1.策定の趣旨と経過

 市が有する債権は、市民共有の財産であることから、市民負担の公平性を確保し、持続可能な財政運営を推進するため、本市では、市債権の適正管理を行う、庁内統一的な事務処理基準等を定めた高松市債権管理条例を平成24年12月に制定しました。
 この条例を具体化し、効率的・効果的な債権回収を行うに当たり、平成25年度から27年度を第1次とする「高松市債権の適正管理方針」を策定し、全庁一体となった債権管理の適正化と債権回収に取り組みました。また、平成28年度には、第1次方針の終了を受け、前方針の取組成果と課題を整理した上で、平成28年度から30年度の3年間を計画期間とする「第2次高松市債権の適正管理方針」を策定し、引き続き、本市債権の適正管理と回収に取り組みました。
 今般、これまでの取組みを踏まえ、新たに更なる収納率の向上と収入未済額の削減を目指すことを目的として、平成31(令和元)年度から令和3年度を計画期間とする「第3次高松市債権の適正管理方針」を策定しました。

2.基本的方針

 第3次高松市債権の適正管理方針においては、次の5つを基本的方針と定めました。 

(1)新たな未収金の発生防止
 納期内納付を推進し、新たな未収金の発生を防止するとともに、未収金が発生した場合は、早期の取組により未収金の解消に努める。

(2)既存未収金の適切な処理
 既に発生している未収金のうち、自主納付が見込めない場合は、差押え等の滞納処分や裁判所を通した法的措置を行うとともに、回収が不可能となった債権は、滞納処分の執行停止や債権放棄を行い、未収金の削減に努める。

(3)法令等に基づく適正な債権管理の推進
 債権の発生から消滅に至るまでの各段階において、法令等に基づいた債権管理を行うとともに、そのために必要な知識・ノウハウの習得を図る。

(4)業務改善等による債権管理業務の効率化
 債権管理業務の総点検を行い、業務の見直しや改善を行うなど、事務の効率化を図り、真に必要な債権管理を行える環境整備に努める。

(5)債権回収に向けた連携の強化
 債権所管課と債権回収室が緊密に連携して互いのノウハウと情報を共有する。また、必要に応じて関係機関とも協力し、全庁的に債権回収に取り組む。

3.第3次高松市債権の適正管理方針

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

このページは納税課 債権回収室が担当しています。
〒760-8571 高松市番町一丁目8番15号本庁舎2階
電話:087-839-2223
ファクス:087-839-2230

Eメール:nouzei@city.takamatsu.lg.jp

本文ここまで


以下フッターです。

高松市

〒760-8571 香川県高松市番町一丁目8番15号
電話:087-839-2011(代表)
法人番号1000020372013
Copyright © Takamatsu City, All rights reserved.
フッターここまでページ上部へ