このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
高松市公式ホームページ Takamatsu City Official Web Site もっと高松 活力にあふれ創造性豊かな瀬戸の都・高松
  • くらしの情報
  • 観光・文化・スポーツ
  • 事業者の方
サイトメニューここまで

本文ここから

平成31年度国民健康保険料の変更点について

更新日:2019年4月1日

賦課限度額の変更

国の基準の改定により、医療給付費分の賦課限度額が上がりました。

保険料の軽減判定所得の変更

 保険料の軽減措置(均等割と平等割の2割・5割・7割の軽減)は、前年中の所得(世帯主と加入者全員)が一定基準以下の世帯に対して適用していますが、平成31年度から、2割軽減・5割軽減・の対象が拡大されます。
 軽減の申請は必要ありませんが、所得の申告がない場合は軽減をすることができません。所得が不明の世帯には、毎年5月中旬頃に国民健康保険申告書をお送りしておりますので、必ず提出してください。

保険料率と賦課限度額
区分 医療給付費分 後期高齢者支援金分 介護納付金分
30年度 31年度 30年度 31年度 30年度 31年度
所得割(%) 8.58 2.16 2.13
均等割(円) 27,000 7,200 9,000
平等割(円) 20,400 5,400 4,800
限度額(円) 580,000 610,000 190,000 160,000
軽減判定所得の基準額
軽減割合 各世帯の軽減判定所得の基準額
30年度 31年度
7割軽減 33万円以下
5割軽減

33万円+(27.5万円×加入者数と
【注釈1】特定同一世帯所属者数の合算数)以下

33万円+(28万円×加入者数と

【注釈1】特定同一世帯所属者数の合算数)以下

2割軽減 33万円+(50万円×加入者数と

【注釈1】特定同一世帯所属者数の合算数)以下

33万円+(51万円×加入者数と

【注釈1】特定同一世帯所属者数の合算数)以下

注釈1:特定同一世帯所属者とは、後期高齢者医療制度への移行により、国民健康保険の資格を喪失した方で、継続して同一世帯に属する方をいいます。

被用者保険者加入者が後期高齢者医療制度へ移行した場合の保険料の軽減・減免について

 国の基準の改定により、均等割額、平等割額の減免期間が変更になりました。

減免内容
区分 平成30年 平成31年
資産割額 全額免除
均等割額 半額免除

資格取得日の属する月以後2年を経過する月までの間、半額免除

平等割額

世帯のうち、対象者のみが国民健康保険被保険者
である場合は半額免除

世帯のうち、対象者のみが国民健康保険被保険者である場合は、資格取得日の属する月以後2年を経過する月までの間、半額免除

※均等割額・平等割額については、低所得者に対する軽減とあわせて、半額が免除されます。したがって、低所得者に対する軽減のうち7割又は5割軽減に該当している場合は適用されません。

お問い合わせ

このページは国保・高齢者医療課が担当しています。
〒760-8571 高松市番町一丁目8番15号本庁舎1階
電話:087-839-2311  ファクス:087-839-2314

(長寿医療係)
 電話:087-839-2315  ファクス:087-839-2314

<国保・高齢者医療課>
電話:087-839-2311
ファクス:087-839-2314

Eメール:kokuho@city.takamatsu.lg.jp

本文ここまで


以下フッターです。

高松市

〒760-8571 香川県高松市番町一丁目8番15号
電話:087-839-2011(代表)
法人番号1000020372013
Copyright © Takamatsu City, All rights reserved.
フッターここまでページ上部へ