このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
高松市公式ホームページ Takamatsu City Official Web Site もっと高松 活力にあふれ創造性豊かな瀬戸の都・高松
  • くらしの情報
  • 観光・文化・スポーツ
  • 事業者の方
サイトメニューここまで

本文ここから

平成29年度 高松市の「環境に配慮した補助金(制度)」一覧表

更新日:2018年3月1日

 「環境に配慮した補助金(制度)」とは、地球温暖化の防止や環境の保全などにつながる補助制度をいいます。高松市の補助制度のうち、これに該当するものの概要を一覧表にまとめました。
 事業名をクリックすると、担当課のホームページにリンクしています。
 詳細については、それぞれの担当課におたずねください。

補助金の名称

太陽光発電システム等設置費補助事業

補助金の目的 太陽光発電システム等を設置する者に対し、予算の範囲内で補助金を交付することにより、クリーンエネルギーの利用を推進するとともに、市民の環境保全意識の醸成を図り、もって地球温暖化の防止に寄与することを目的とする。
補助金の概要 【補助対象者】
本市の区域内に所在し、補助対象者(補助対象者が単身赴任等のため一時的に本市の区域内に居住していない場合は、補助対象者と同一生計にある者)が居住する住居等の用に供する建築物(新築及び建売を含む)に設置する場合で、次の要件を満たす方
(1)本市の区域内に住所を有すること。(単身赴任等のため一時的に本市の区域内に居住していない場合も含む。)
(2)市税を滞納していないこと。
【補助金額】
(1)太陽光発電システム
  太陽電池モジュールの最大出力の合計値(キロワット・小数点以下第3位を四捨五入)×2万円(上限7万円)
(2)定置用リチウム蓄電池システム
   10万円
(3)電気自動車等充給電設備
   5万円
※(2)及び(3)は、(1)と同時に併設される際未使用であったものに限る。
備考 補助金の交付は同一人につき1回限り。
担当課 環境局 環境保全推進課 電話番号 087-839-2393
助金の名称

太陽熱利用システム設置費補助事業

補助金の目的 太陽熱利用システム(不凍液等を強制循環する太陽集熱器と蓄熱槽から構成され、温水、冷暖房等に利用するものをいう。)を設置する者に対し、予算の範囲内で補助金を交付することにより、クリーンエネルギーの利用を推進するとともに、市民の環境保全意識の醸成を図り、もって地球温暖化の防止に寄与することを目的とする。
補助金の概要 【補助対象者】
本市の区域内に所在し、補助対象者が居住する住居等の用に供する建築物(新築及び建売を含む)に設置する場合で、次の要件を満たす方
(1)本市の区域内に住所を有すること。
(2)対象建築物に対象システムを設置し、又は対象システムが設置されている対象建築物を購入すること。
(3)市税を滞納していないこと。
【補助金額】
補助対象経費の10分の1(上限6万円)
※1,000円未満の端数は切り捨て
備考 補助金の交付は同一人につき1回限り。ただし、当該対象システム設置後の期間が法定耐用年数を超えている場合は、この限りでない。
担当課 環境局 環境保全推進課 電話番号 087-839-2393
補助金の名称

生ごみ処理機等購入補助金

補助金の目的 家庭から排出される生ごみを減量するため、生ごみ堆肥化容器又は生ごみ処理機の購入に係る費用の一部を補助することにより、ごみの減量・資源化を促進するとともに、市民のごみ処理に対する意識の高揚を図ることを目的とする。
補助金の概要 【補助対象者】
生ごみ処理機等を購入した者で、次の条件を全て満たすもの(法人は除く。)
ア 市内に住所を有し、かつ、居住している者
イ 生ごみ処理機等を購入した者にあっては、高松市の市税を完納している者
ウ 生ごみ処理機等を市内の自己の家庭から排出される生ごみの処理のために活用しようとする者
エ 生ごみ処理機等を常に良好な状態で保持し、周囲に迷惑を掛けないで維持管理できる者
【補助金額】
(1)生ごみ堆肥化容器(1世帯につき2基まで)
   購入価格(消費税込)の2分の1以内(限度額3,000円)
   ※10円未満切捨て
(2)生ごみ処理機(1世帯につき1基まで)
   購入価格(消費税込)の2分の1以内(限度額20,000円)
   ※100円未満切捨て
備考 購入後、補助申請を行ってから5年を経過し、新たに買い替える場合も対象となります。
担当課 環境局 環境保全推進課 電話番号 087-839-2393
補助金の名称

新規ウインドウで開きます。高松市犬猫不妊去勢手術費補助金事業

補助金の目的 犬及び猫の繁殖制限を推進するとともに、みだりな繁殖による捨て犬捨て猫の増加を防ぐことを目的とする。
補助金の概要

【補助対象者】
下記の全ての条件に該当する方

  • 香川県内で開業する動物病院において不妊去勢手術を実施した犬又は猫の所有者であること。
  • 市内に住所を有すること。
  • 市税の滞納がないこと。
  • 犬の場合は、狂犬病予防法(昭和25年法律第247号)に定める登録及び狂犬病の予防注射を受けている犬であること。

【補助金額】
1頭につき3,000円(猫は1世帯、1年度につき2匹まで)

備考
担当課 健康福祉局 生活衛生課 電話番号 087-839-2865
補助金の名称

「いざ里山」市民活動支援事業

補助金の目的 里山の保全に関する事業を行う市民活動団体等に対し、情報提供、助言、指導等を行うとともに、予算の範囲内で当該事業に要する経費の一部を助成することにより、市内の里山の保全の推進に資することを目的とする。
補助金の概要 【補助対象者】
地域住民団体、ボランティア団体、NPO法人又は企業等
【補助金額】
歩道や竹林の整備などのイニシャルコストと枝打ちや草刈りなどのランニングコストに対し、5年間で100万円を限度とする。
備考
担当課 創造都市推進局 農林水産課 電話番号 087-839-2422
補助金の名称

中央通りオフィス環境整備事業

補助金の目的 中心市街地の良好な街並みの形成と賑わい並びに良好なオフィス環境を創出し、新たなテナント誘致の促進を図る。
補助金の概要

【補助対象者】

  • 対象となる区域内において、中央通りに面した地上4階建て以上のビルを新築(所有)し、かつ1年を通して全フロア面積(延べ面積-共用部分の面積)の2分の1を超える面積をオフィスとして賃貸する(している)方
  • 過去5年間、固定資産税(当該ビルにかかるものを含む)及びその他の市税を適正に納税している方
  • 補助申請する前年度の9月末までに事前協議を終えている方
  • 当該オフィスビルについて、本要綱に基づく補助金、又は他の類似の公的補助金を受けていない方


【補助金額】事業内容によって限度額及び補助対象期間が異なる。
(1)面的整備等事業(新築)
   当該ビルの固定資産税額の50パーセント以内
   限度額:年間500万円、対象期間:5年間
(2)施設改修等事業(改修)
   当該ビルの固定資産税額の50パーセント以内
   限度額:年間250万円、対象期間:3年間

備考 同一のオフィスビルにつき、新築又は改修のうち、いずれか1回のみ利用できる。
担当課 都市整備局 都市計画課 電話番号 087-839-2455
補助金の名称

生垣設置事業

補助金の目的 緑豊かな、人と環境にやさしい安全で住みよいまちづくりを行うことを目的とする。
補助金の概要

【補助対象者】
居住の用に供する建築物の敷地内に新しく生垣を設置する事業(既存のブロック塀等を生垣に改造するものを含む。)で次の要件を満たすもの
(対象地域)
用途地域(都市計画法第8条第1項に規定する地域)
対象地域内で次の(1)から(8)の条件をすべて満たすもの
(1)高松市民が高松市内に所有する宅地
(2)新たに生垣を設置する場合
(3)公衆用道路に面して延長2メートル以上設置するもの
(4)樹木は高さが50センチメートル以上の常緑樹を1メートル当たり2本以上植えるもの
  (道路から見える部分を50センチメートル以上確保すること)
(5)生垣をブロック塀その他通風の悪い構造物の内側に設置する場合又は石垣等でかさ
   上げする場合は、構造物等の高さは1メートル以下とすること
(6)当該土地において、この事業がこれまで実施されたことがないこと
(7)5年間以上保全すること
(8)市税の滞納がないこと
※用途地域外は、既存のブロック塀を撤去して生垣を設置する場合、対象となる。
【補助金額】
次のアからウまでに掲げる額のいずれか少ない額
ア 植栽工事費(樹木・土壌改良費、支捕保工費及び植付手間費をいう。)の合計額に3分の2を乗じて得た額
イ 生垣の総延長のメートル数(1メートル未満の端数が生じた場合は、これを切り捨てるものとする。)に5,000円を乗じて得た額。ただし、既存のブロック塀等を取り壊して生垣を設置する場合は、当該額に取り壊した既存のブロック塀等の長さ1メートルにつき2,500円を乗じて得た額を加算して得た額とする。
ウ 15万円
※100円未満の端数が生じる場合は、これを切り捨てるものとする。
※助成金の交付は、対象となった土地について1回限り。

備考
担当課 都市整備局 公園緑地課 電話番号 087-839-2494
補助金の名称

環境保全緑化事業

補助金の目的 緑豊かな、人と環境にやさしい安全で住みよいまちづくりを行うことを目的とする。
補助金の概要 【補助対象者】
事業所(店舗、事務所等をいう。)の敷地内に新しく樹木を植栽する事業で、次の要件を満たすもの
(対象地域)
用途地域(都市計画法第8条第1項に規定する地域)
対象地域内で次の(1)から(3)の条件をすべて満たすもの
(1)公衆用道路に面する植栽部分の長さが2メートル以上であること
(2)低木を植栽する場合は、次の要件を満たすもの
 (ア)植栽に用いる樹木は、高さが50センチメートル以上の常緑樹で、間口1メートルにつき樹木2本以上を通路に沿って植栽すること
 (イ)植栽をブロック塀その他通風の悪い構造物の内側に設置する場合又は石垣等で植栽帯をかさ上げする場合は、構造物等の高さは1メートル以下とすること
(3)市税の滞納がないこと
※用途地域外は、既存のブロック塀を撤去して生垣を設置する場合、対象となる。
【補助金額】
次のア及びイに掲げる額のいずれか少ない額
ア 植栽工事費に3分の2を乗じて得た額
イ 15万円
※100円未満の端数が生じる場合は、これを切り捨てるものとする。
※助成金の交付は、対象となった土地について1回限り。
備考
担当課 都市整備局 公園緑地課 電話番号 087-839-2494
補助金の名称

屋上緑化事業

補助金の目的 緑豊かな、人と環境にやさしい安全で住みよいまちづくりを行うことを目的とする。
補助金の概要 【補助対象者】
(対象地区)
商業・近隣商業地域(都市計画法第9条第8項及び第9号に規定する地域)
(対象者)
対象地区内に建築物を所有する人(市税の滞納がないこと)
【補助金額】
次のアからウまでに掲げる額のいずれか少ない額
ア 屋上緑化工事費(樹木・土壌購入費、支柱・防根・かん水・排水設備工事費等)の合計額に2分の1を乗じて得た額
イ 屋上の緑化区域の面積(平方メートルを単位とし、1平方メートル未満の端数が生じた場合は、これを切り捨てるものとする。)に5万円を乗じて得た額
ウ 50万円
※100円未満の端数が生じる場合は、これを切り捨てるものとする。
※助成金の交付は、対象となった土地について1回限り。
備考 (交付の要件)
屋上緑化面積(樹木、地披植物を植栽した植栽基盤の緑化面積とする。ただし、成長時の樹冠が植栽基盤外におよぶ場合は、基盤外の樹冠投影部分を緑化面積に含めることができる。)は、10平方メートル以上、かつ、屋上面積の20パーセント以上であること
担当課 都市整備局 公園緑地課 電話番号 087-839-2494
補助金の名称

壁面緑化事業

補助金の目的 緑豊かな、人と環境にやさしい安全で住みよいまちづくりを行うことを目的とする。
補助金の概要 【補助対象者】
(対象地区)
商業・近隣商業地域(都市計画法第9条第8項及び第9号に規定する地域)
(対象者)
対象地区内に建築物を所有する人(市税の滞納がないこと)
【補助金額】
次のアからウまでに掲げる額のいずれか少ない額
ア 壁面緑化工事費(樹木・土壌購入費、ネット施設工事費等)の合計額に2分の1を乗じて得た額
イ 壁面緑化面積(平方メートルを単位とし、1平方メートル未満の端数が生じた場合は、これを切り捨てるものとする。)に5,000円を乗じて得た額
ウ 20万円
※100円未満の端数が生じる場合は、これを切り捨てるものとする。
※助成金の交付は、対象となった土地について1回限り。
備考 (交付の要件)
壁面緑化面積(緑化しようとする部分の水平延長に1.0メートルを乗じた面積とする。ただし、傾斜した壁面では、緑化しようとする部分の水平投影面積とする。)は、10平方メートル以上であること
担当課 都市整備局 公園緑地課 電話番号 087-839-2494
補助金の名称

合併処理浄化槽設置整備事業

補助金の目的 合併処理浄化槽の整備を推進し、河川、水路等の公共用水域における生活排水による水質汚濁の防止を図ることを目的とする。
補助金の概要 【補助対象者】
原則として下水道事業計画区域外において、主に住宅の用に供する建物に、処理対象人員50人以下の浄化槽を設置する者
【補助金額】
(1)用途地域外の新設補助金
   5人槽 166千円から20人槽 470千円
(2)転換及び用途地域内の新設補助金
   5人槽 332千円から50人槽 2,037千円
※単独処理浄化槽から合併処理浄化槽に転換する者は、撤去を条件に270千円加算
備考 -
担当課 上下水道局給排水設備課 電話番号 087-839-2720
補助金の名称

雨水貯留浸透施設整備助成費補助事業

補助金の目的 水の循環利用と雨水の地下浸透による地下水のかん養を図ることを目的とする。
補助金の概要

【補助対象者】
(浄化槽の雨水貯留浸透施設改造)
高松市公共下水道を使用することにより、不要となった浄化槽を雨水貯留浸透施設に転用するための改造の工事を自ら負担して行う者
(雨水浸透施設設置)
高松市内において自己が所有する土地に、雨水浸透施設を設置する者
【補助金額】
(1)浄化槽の雨水貯留浸透施設改造
 改造工事に要した費用に10分の8を乗じた額(1,000円未満の端数は切り捨て)
 ※限度額 12万円
(2)雨水浸透施設設置
 工事に要した費用に3分の2を乗じた額(1,000円未満の端数は切り捨て)
 ※限度額 下記基準額で算定した額(雨水浸透ますは4基まで)

備考 -
担当課 上下水道局 給排水設備課 電話番号 087-839-2720
雨水浸透ますの基準額
内径 基準額(1基当り)
150ミリメートル以下 5,000円
150ミリメートルを超え200ミリメートル以下 7,000円
200ミリメートルを超え250ミリメートル以下 10,000円
250ミリメートルを超え300ミリメートル以下 11,000円
300ミリメートルを超え350ミリメートル以下 18,000円
350ミリメートルを超え400ミリメートル以下 21,000円
400ミリメートルを超えるもの 40,000円
雨水浸透トレンチ(浸透管)の基準額※1メートル未満の端数は切り捨て
内径 基準額(1メートル当り)
75ミリメートル以下 4,000円
75ミリメートルを超え100ミリメートル以下 5,000円
100ミリメートルを超え150ミリメートル以下 6,000円
150ミリメートルを超え200ミリメートル以下 9,000円
200ミリメートルを超えるもの 11,000円
補助金の名称

雨水流出抑制施設整備助成費補助事業

補助金の目的 水の循環利用と雨水の流出抑制を図ることを目的とする。
補助金の概要 【補助対象者】
高松市内において、自己の管理する土地又は建築物に雨水貯留施設を整備する者
【補助金額】
(1)小規模雨水貯留タンク
貯留容量が0.1立方メートル(100リットル)以上1立方メートル(1,000リットル)未満の雨水貯留タンク製品(市販製品)の設置
雨水タンク本体費用の10分の8を乗じた額(1,000円未満の端数は切り捨て)
※限度額 4万円
(2)中・大規模施設
貯留容量が1立方メートル(1,000リットル)以上で、雨水利用の配管、ポンプその他の設備が備わった雨水貯留施設の整備
次のア・イにより算定した助成額のいずれか少ない額
ア 有効貯水容量1立方メートル(1立方メートル未満の端数は切り捨て)につき4万円を乗じた額
イ 工事に要した費用(消費税を含む)に3分の2を乗じた額(1,000円未満の端数は切り捨て)
※限度額 100万円
備考 同一の助成対象者について、一の年度において1回限り。
担当課 上下水道局 給排水設備課 電話番号 087-839-2720

お問い合わせ

このページは環境保全推進課が担当しています。
〒760-0080 高松市木太町2282番地1環境業務センタ-2階
電話:087-839-2393
ファクス:087-837-1458

Eメール:kanho@city.takamatsu.lg.jp

本文ここまで

サブナビゲーションここから

便利ナビ

  • 結婚 離婚
  • 妊娠 出産
  • 子育て
  • 入園 入学
  • 引越 住まい
  • 就職 退職
  • 高齢者 介護
  • おくやみ

このページを見ている人はこんなページも見ています

情報が見つからないときは

よくある質問

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

高松市

〒760-8571 香川県高松市番町一丁目8番15号
電話:087-839-2011(代表)
法人番号1000020372013
Copyright © Takamatsu City, All rights reserved.
フッターここまでページ上部へ