このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらしの情報
  • 観光・文化・スポーツ
  • 事業者の方
サイトメニューここまで

本文ここから

高松市歴史資料館 第79回企画展

更新日:2020年11月19日

よどみなき讃岐の書-古と今をつなぐ-

書の歴史において「三筆」の一人に挙げられ、「弘法筆を選ばず」などのことわざが残るほど書の名手だった弘法大師空海。空海の生誕地である讃岐では、歴史に名を残した郷土の先覚者や文化人も多くの書をあらわしてきました。古代の寺社に残る経典や扁額、殿様の書、文化芸術が大きく花開いた江戸時代の書から現代の書家の作品まで、一括りに「書」と言ってもさまざまな形や表現があります。書は何を伝え、何を魅せてきたのでしょうか。
開館当初より、高松市歴史資料館は地元にゆかりのある書やその関連資料を収集しており、その数は千点以上にのぼります。今回はこの中から、殿様の書をはじめ普段見ることができない讃岐人の書作品を、時代順に展示します。また他館や個人のコレクションから紹介する現代の書のコーナーでは、今なお熱い讃岐の書の世界を御覧いただくことができます。
力強い筆跡に圧倒されるもよし、流れるような筆運びに魅了されるもよし、まずは直感で「書」を感じてください。さらに、文字や詞の意味、作品の時代背景、書き手の心情や人柄を知ることで、より深く書の世界を楽しむことができるでしょう。どなたにも気負わず、讃岐の書に親しんでいただける機会となれば幸いです。

・新型コロナウイルスの感染状況により会期及び内容が変更になる場合があります。
・御観覧の際には、検温等、当館が実施する感染予防対策に御協力いただきますようお願いします。
・COCOA(新型コロナウイルス接触確認アプリ)やLINEアプリ「かがわコロナお知らせシステム」を御活用ください。

展示場所

高松市歴史資料館企画展示室
香川県高松市昭和町一丁目2-20(サンクリスタル高松4階)

期間

令和2年11月21日(土曜日)から令和3年1月17日(日曜日)

休館日

月曜日(休日の場合は翌平日)、年末年始(12月29日から1月3日)

開館時間

午前9時から午後5時(入館は午後4時30分まで)

観覧料

一般200円 大学生150円 高校生以下は無料        
20人以上の団体は2割引き
65歳以上の方は長寿手帳等年齢を確認できるものの提示で免除
身体障害者手帳等、療育手帳又は精神障害者保健福祉手帳保持者は手帳提示で免除
高松市キャンパスメンバーズ制度に加盟する大学の学生は学生証提示で免除

主催

高松市歴史資料館

協力

香川県立ミュージアム、坂出市民美術館、総本山善通寺、田村神社、法然寺、船山神社、毎日書道学会

後援

朝日新聞高松総局、RSK山陽放送、RNC西日本放送、NHK高松放送局、OHK岡山放送、KSB瀬戸内海放送、産経新聞社、四国新聞社、TSCテレビせとうち、毎日新聞高松支局、読売新聞高松総局

讃岐村塾タイアップ講演会「法然寺の現在から過去にさかのぼる」

高松藩初代藩主・松平賴重により建立された法然寺。数多くの文化財が伝わる法然寺の歴史を語っていただきます。

講師

細井俊道氏(法然寺第29世住職)

日時

令和2年11月23日(月曜日・祝日)14時から

場所

サンクリスタル高松3階視聴覚ホール

定員

100名(先着順・予約不要)

讃岐村塾タイアップ講演会「書の楽しみ方~中国の甲骨文・刑徒葬塼(けいとそうせん)・木簡について~」

小森氏の貴重なコレクションをとりあげながら、書のルーツや作品の鑑賞方法を解説いただきます。

講師

小森秀雲氏(毎日書道学会会長)

日時

令和2年12月27日(日曜日)14時から

場所

サンクリスタル高松3階視聴覚ホール

定員

100名(先着順・予約不要)

関連ワークショップ「書を飾ろう」

ボードや英字新聞などに自分で書いた書をコラージュし、自宅に飾りたくなる書作品を作ります。

日時

令和2年11月28日(土曜日)13時30分から

場所

サンクリスタル高松3階第一集会室

定員

10名 事前申込み必要です。電話087-861-4520まで。

参加費

無料

ミュージアムトーク

(企画展示室/観覧券必要)
会期中の日曜日の午後10時30分から。
展覧会担当者及び資料館サポーターが解説します。

香川県立ミュージアム・高松市美術館・高松市歴史資料館 3館スタンプラリー TAKAMATSU ART RALLY

期間中の各館の展示(特別展もしくは常設展)を御覧になって、3館のスタンプを集めると景品を差しあげます。

期間

前期:令和2年10月24日(日曜日)から令和3年1月17日(日曜日)
後期:令和3年2月6日(土曜日)から3月28日(日曜日)

お問い合わせ

高松市歴史資料館
郵便番号760-0014 高松市昭和町一丁目2番20号
電話:087-861-4520
Eメール:trekishi@giga.ocn.ne.jp

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

このページは文化財課が担当しています。
〒760-8571 高松市番町一丁目8番15号本庁舎7階
電話:087-839-2660  ファクス:087-839-2659

(高松市埋蔵文化財センター)
 住所:〒760-0017 高松市番町一丁目5番1号
 電話:087-823-2714  ファクス:087-823-2715 

(高松市歴史資料館)
 住所:〒760-0014 高松市昭和町一丁目2番20号(サンクリスタル高松4階)
 電話:087-861-4520  ファクス:087-837-9114 

(高松市石の民俗資料館)
 住所:〒761-0121 高松市牟礼町牟礼1810番地
 電話:087-845-8484  ファクス:087-845-5693 

(高松市香南歴史民俗郷土館)
 住所:761-1402 高松市香南町由佐253番地1
 電話:087-879-0717  ファクス:087-879-1818 

(高松市讃岐国分寺跡資料館)
 住所:〒769-0102 高松市国分寺町国分2177番地1
 電話:087-874-8840  ファクス:087-874-8840 

(菊池寛記念館)
 住所:〒760-0014 高松市昭和町一丁目2番20号(サンクリスタル高松3階)
 電話:087-861-4502  ファクス:087-837-9114 
 
<文化財課>
電話:087-839-2660
ファクス:087-839-2659

Eメール:bunkazai@city.takamatsu.lg.jp

本文ここまで


以下フッターです。

高松市

〒760-8571 香川県高松市番町一丁目8番15号
電話:087-839-2011(代表)
法人番号1000020372013
Copyright © Takamatsu City, All rights reserved.
フッターここまでページ上部へ