このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらしの情報
  • 観光・文化・スポーツ
  • 事業者の方
サイトメニューここまで

本文ここから

出前展示「播磨灘を望む城 引田城に迫る」が始まりました!

更新日:2020年11月19日

風待ちの港が見える城 引田城跡・・・

引田城は、戦国時代に寒川氏が領したことがわかっていますが、その後何度か城主が変わっています。
『生駒記』によれば、戦国時代の終わり頃(1587年)に讃岐国を治めるためにやってきた豊臣秀吉の家臣である生駒親正が引田城に入り、ほどなく引田を離れ、高松城を築いたとあります。
現在でも石垣が残っており、これまでの発掘調査から、生駒氏は土づくりの引田城を「礎石建物」「瓦葺き」「石垣」の城に改変したことが分かっています。

引田城跡(東かがわ市)は、瀬戸内海の要地に築かれ高松城の支城として機能していたことから、豊臣政権の経済・軍事政策や領国支配体制を知る上で重要であると判断され、令和2年3月10日に国史跡に指定されました。

引田城跡の国史跡指定を記念するとともに、これまでの調査成果を多くの方に知っていただくため、本展示を開催します。
なお、本展示は「瀬戸・高松広域連携中枢都市圏」の事業として実施する、東かがわ市教育委員会の出前展示です。

引田城跡、高松城跡から出土した
同范(※たけかんむり・同じ型で作られた)の軒平瓦

東かがわ市教育委員会出前展示「播磨灘を望む城 引田城に迫る」 

  • 期間:令和2年11月6日金曜日~12月18日金曜日(土日祝日を除く)
  • 場所:高松市埋蔵文化財センター2階展示室

      ※後期展「時時刻刻の高松」と同時開催

  • 観覧料:無料
  • 問合先:高松市埋蔵文化財センター(087-823-2714)

瀬戸・高松広域連携中枢都市圏(瀬戸・たかまつネットワーク)

瀬戸・高松広域連携中枢都市圏では、ポータルサイトを設置して圏域での取組や、イベント情報などを紹介しています。

お問い合わせ

このページは文化財課が担当しています。
〒760-8571 高松市番町一丁目8番15号本庁舎7階
電話:087-839-2660  ファクス:087-839-2659

(高松市埋蔵文化財センター)
 住所:〒760-0017 高松市番町一丁目5番1号
 電話:087-823-2714  ファクス:087-823-2715 

(高松市歴史資料館)
 住所:〒760-0014 高松市昭和町一丁目2番20号(サンクリスタル高松4階)
 電話:087-861-4520  ファクス:087-837-9114 

(高松市石の民俗資料館)
 住所:〒761-0121 高松市牟礼町牟礼1810番地
 電話:087-845-8484  ファクス:087-845-5693 

(高松市香南歴史民俗郷土館)
 住所:761-1402 高松市香南町由佐253番地1
 電話:087-879-0717  ファクス:087-879-1818 

(高松市讃岐国分寺跡資料館)
 住所:〒769-0102 高松市国分寺町国分2177番地1
 電話:087-874-8840  ファクス:087-874-8840 

(菊池寛記念館)
 住所:〒760-0014 高松市昭和町一丁目2番20号(サンクリスタル高松3階)
 電話:087-861-4502  ファクス:087-837-9114 
 
<文化財課>
電話:087-839-2660
ファクス:087-839-2659

Eメール:bunkazai@city.takamatsu.lg.jp

本文ここまで


以下フッターです。

高松市

〒760-8571 香川県高松市番町一丁目8番15号
電話:087-839-2011(代表)
法人番号1000020372013
Copyright © Takamatsu City, All rights reserved.
フッターここまでページ上部へ