このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
高松市公式ホームページ Takamatsu City Official Web Site もっと高松 活力にあふれ創造性豊かな瀬戸の都・高松
  • くらしの情報
  • 観光・文化・スポーツ
  • 事業者の方
サイトメニューここまで

本文ここから

No.6 中河与一 文学碑

更新日:2018年3月1日

碑 主 中河与一(1897年~1994年)

  • 所在地

 サンポート(ミケイラ横)

  • 碑文

 「海の幾何學 船が高松の港に近づいた頃の景觀は、なんともいへず明るい。どうしてああいふ感情がわいてくるのかわからない。おそらく左舷にみえる長方形の屋島のせゐかもしれない。これは船と島との距離やその長い島の形にもよるだらう。テーブル・マウンテンと稱するああいふ山の形は、アフリカの南端の喜望峰にある山とこの屋島だけだといふが、平和で、豐かで、明晰である。アフリカでは峯にかゝる霧をテーブル・クロスと呼ぶさうであるが、此處でもさういふ現象は起る。源平合戰の古戰場は丁度この島の向う側の島陰にある。右舷に見える大槌小槌といふ二つの正三角形の島も形の上では實に珍しい島である。その邊の景色を左右するほど大きいものではないが、なんとなく可憐な感情を起させる。外國航路の船はみなこの二つの正三角形の間を通過していく。夕方など西日の中でこれらの島々のシルエットをみると、屋島の長方形と一緒に海の上の幾何學を感じる。港にあがると、そこから一直線に栗林公園の方へ、廣い樟の街路樹をもつた近代的な道がついてゐる。高松といふ街は清潔で爽快なものを第一印象として與へるやうである。 中河与一 作」

  • 建立年月日

 平成16年3月

  • 備考

 碑文の「海の幾何学」は、昭和7年に出版された随筆集「左手神聖」からの一遍。高松市上下水道工事業協同組合法人化50周年記念事業の一環として高松市に寄付された。

お問い合わせ

このページは文化財課が担当しています。
〒760-8571 高松市番町一丁目8番15号本庁舎7階
電話:087-839-2660  ファクス:087-839-2659

(高松市埋蔵文化財センター)
 住所:〒760-0017 高松市番町一丁目5番1号
 電話:087-823-2714  ファクス:087-823-2715 

(高松市歴史資料館)
 住所:〒760-0014 高松市昭和町一丁目2番20号(サンクリスタル高松4階)
 電話:087-861-4520  ファクス:087-837-9114 

(高松市石の民俗資料館)
 住所:〒761-0121 高松市牟礼町牟礼1810番地
 電話:087-845-8484  ファクス:087-845-5693 

(高松市香南歴史民俗郷土館)
 住所:761-1402 高松市香南町由佐253番地1
 電話:087-879-0717  ファクス:087-879-1818 

(高松市讃岐国分寺跡資料館)
 住所:〒769-0102 高松市国分寺町国分2177番地1
 電話:087-874-8840  ファクス:087-874-8840 

(菊池寛記念館)
 住所:〒760-0014 高松市昭和町一丁目2番20号(サンクリスタル高松3階)
 電話:087-861-4502  ファクス:087-837-9114 
 
<文化財課>
電話:087-839-2660
ファクス:087-839-2659

Eメール:bunkazai@city.takamatsu.lg.jp

本文ここまで


以下フッターです。

高松市

〒760-8571 香川県高松市番町一丁目8番15号
電話:087-839-2011(代表)
法人番号1000020372013
Copyright © Takamatsu City, All rights reserved.
フッターここまでページ上部へ