このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらしの情報
  • 観光・文化・スポーツ
  • 事業者の方
サイトメニューここまで

本文ここから

企画展「庵治を愛したアメリカ人」

更新日:2021年9月15日

アメリカ在住の彫刻家、ショーン・ブラウン氏、デウィット・ゴドフリー氏、2名の作品を展示します。両氏は、過去に庵治町に滞在し、作品を制作するなど、地元にゆかりのある芸術家です。本展では彫刻作品のほか、関連資料として写真やマケットを展示・紹介します。お誘い合わせの上、ぜひ御来館ください。

実施概要

開催期間

10月2日(土曜日)から11月7日(日曜日)まで

会場

石の民俗資料館 企画展示室

観覧料

一般:200円(160円) 大学生:150円(120円) 高校生以下:無料
※( )内は20人以上の団体料金

  • 65歳以上の方は、長寿手帳等年齢を確認できるものの提示で観覧料免除
  • 身体障害者手帳、療育手帳又は精神障害者保健福祉手帳所持者は、手帳提示で観覧料免除
  • また、障害者手帳アプリ「ミライロID」の提示でも免除
  • 高松市キャンパスメンバーズ制度に加盟した大学等の学生は、学生証提示で観覧料免除

主催

石の里のアーティストたち実行委員会
高松市石の民俗資料館

協力

高松市石の民俗資料館友の会

ショーン・ブラウン

〔略歴〕
ハワイ在住の彫刻家。1953年にハワイのヒロで生まれる。イサム・ノグチを師と仰ぐ。1985年にフルブライト奨学金で日本へ留学した際には、庵治町にて作品制作に取り組み、ノグチに師事。故郷ハワイにて、彫刻家として精力的に活動しており、近年はハワイの空港のモニュメントを制作。

デウィット・ゴドフリー

〔略歴〕
ニューヨーク在住の彫刻家。1960年にテキサス州ヒューストンに生まれる。国際交流基金によって庵治町に滞在した際には、石に穴を開けた1個のリング状の作品や、鉄工所にて鉄製の作品を制作していた。その後、現在のようなリングを数多く組み合わせた作風へと展開している。近年ではベネチア・ビエンナーレ建築部門に出品するなど、精力的に活動している。

企画展「石の里のアーティストたち『テーマ庵治石』Part20」の御案内

最高級石材「庵治石」の産地として知られる牟礼町・庵治町に在住する石彫作家11名による石彫作品の野外展覧会です。

関連事業

お問い合わせ

高松市石の民俗資料館
〒761-0121 香川県高松市牟礼町牟礼1810
電話:087-845-8484
FAX:087-845-5693
mail:bunkazai@city.takamatsu.lg.jp
※メール御利用時は、件名を「【石の民俗資料館宛】」から始めてください

お問い合わせ

このページは文化財課が担当しています。
〒760-8571 高松市番町一丁目8番15号本庁舎7階
電話:087-839-2660  ファクス:087-839-2659

(高松市埋蔵文化財センター)
 住所:〒760-0017 高松市番町一丁目5番1号
 電話:087-823-2714  ファクス:087-823-2715 

(高松市歴史資料館)
 住所:〒760-0014 高松市昭和町一丁目2番20号(サンクリスタル高松4階)
 電話:087-861-4520  ファクス:087-837-9114 

(高松市石の民俗資料館)
 住所:〒761-0121 高松市牟礼町牟礼1810番地
 電話:087-845-8484  ファクス:087-845-5693 

(高松市香南歴史民俗郷土館)
 住所:761-1402 高松市香南町由佐253番地1
 電話:087-879-0717  ファクス:087-879-1818 

(高松市讃岐国分寺跡資料館)
 住所:〒769-0102 高松市国分寺町国分2177番地1
 電話:087-874-8840  ファクス:087-874-8840 

(菊池寛記念館)
 住所:〒760-0014 高松市昭和町一丁目2番20号(サンクリスタル高松3階)
 電話:087-861-4502  ファクス:087-837-9114 
 
<文化財課>
電話:087-839-2660
ファクス:087-839-2659

Eメール:bunkazai@city.takamatsu.lg.jp

本文ここまで


以下フッターです。

高松市

〒760-8571 香川県高松市番町一丁目8番15号
電話:087-839-2011(代表)
法人番号1000020372013
Copyright © Takamatsu City, All rights reserved.
フッターここまでページ上部へ