このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
高松市公式ホームページ Takamatsu City Official Web Site もっと高松 活力にあふれ創造性豊かな瀬戸の都・高松
  • くらしの情報
  • 観光・文化・スポーツ
  • 事業者の方
サイトメニューここまで

本文ここから

柴野栗山宅址

更新日:2018年3月1日

史跡

指定区分  市登録史跡

登録年月日 平成18年10月10日

所在地   栗山記念館(牟礼町牟礼3028) 外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。「たかまっぷ」で地図を表示する(外部サイト)

解説
 江戸時代の儒学者である柴野栗山は、元文元年(西暦1736年)三木郡牟礼村字宗時(現高松市牟礼町)に生まれ、幼くして讃岐国高松藩の儒者・後藤芝山に学んだ後、18歳で江戸において昌平黌の林復軒、後に京都で国学を高橋宗直に学んだ。明和4年(西暦1767年)に阿波藩蜂須賀候に招かれ儒臣を務めた後に、天明8年(西暦1788年)には幕府の儒員となり、岡田寒泉らとともに聖堂の制を改める等、朱子学を厚く信奉して、古学を排斥した。いわゆる「寛政異学の禁」は、栗山の建議が松平定信に取り入れられたものである。古賀精里・尾藤二洲とともに「寛政の三博士」と称される朱子学者であり、昌平黌を復興させた中心人物であった。また『神武陵詩』にみえるように勤王の精神による山陵、大内裏の修復・造営についての献策の他、海防など外交の献策にまで亘って、その功績が残る。学者・教育者であった栗山は、また池大雅、韓天寿、高芙蓉などにも交わり、書画法帖に精通した人物として多くの著書、題跋を残し、文化4年(西暦1807年)12月1日、72歳で没した。
 栗山の死後、100年祭に際し、誕生の地に遺業を顕彰するために栗山の尊像の他、宅趾碑、栗山堂などが建立された。現在の記念館は、平成3年に建てられたもので、多くの遺墨・遺品・著書・書簡が展示されている。
 平成18年12月1日には、盛大に200年祭が催され、「進学三喩」を刻んだ石碑が、記念館の玄関脇に建てられた。

お問い合わせ

このページは文化財課が担当しています。
〒760-8571 高松市番町一丁目8番15号本庁舎7階
電話:087-839-2660  ファクス:087-839-2659

(高松市埋蔵文化財センター)
 住所:〒760-0017 高松市番町一丁目5番1号
 電話:087-823-2714  ファクス:087-823-2715 

(高松市歴史資料館)
 住所:〒760-0014 高松市昭和町一丁目2番20号(サンクリスタル高松4階)
 電話:087-861-4520  ファクス:087-837-9114 

(高松市石の民俗資料館)
 住所:〒761-0121 高松市牟礼町牟礼1810番地
 電話:087-845-8484  ファクス:087-845-5693 

(高松市香南歴史民俗郷土館)
 住所:761-1402 高松市香南町由佐253番地1
 電話:087-879-0717  ファクス:087-879-1818 

(高松市讃岐国分寺跡資料館)
 住所:〒769-0102 高松市国分寺町国分2177番地1
 電話:087-874-8840  ファクス:087-874-8840 

(菊池寛記念館)
 住所:〒760-0014 高松市昭和町一丁目2番20号(サンクリスタル高松3階)
 電話:087-861-4502  ファクス:087-837-9114 
 
<文化財課>
電話:087-839-2660
ファクス:087-839-2659

Eメール:bunkazai@city.takamatsu.lg.jp

本文ここまで


以下フッターです。

高松市

〒760-8571 香川県高松市番町一丁目8番15号
電話:087-839-2011(代表)
法人番号1000020372013
Copyright © Takamatsu City, All rights reserved.
フッターここまでページ上部へ