このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
高松市公式ホームページ Takamatsu City Official Web Site もっと高松 活力にあふれ創造性豊かな瀬戸の都・高松
  • くらしの情報
  • 観光・文化・スポーツ
  • 事業者の方
サイトメニューここまで

本文ここから

高松城天守鯱

更新日:2019年1月21日

歴史資料

指定区分

市指定有形文化財

指定年月日

平成30年3月30日

所在地

高松市昭和町一丁目2番20号 高松市歴史資料館

解説

(しゃちほこ)本躰(ほんたい)は、高さ192.7センチメートルを測る青銅製の鋳物で頭部の両側面には記銘があり、これに後補の胸鰭(むなびれ)が付属する。外観はシンプルなつくりで細身のフォルムを呈するもので、鰭部分を除いて中空になっている。

 本躰の記銘については、頭部の左側面に「寶暦(ほうれき)八 戊 寅年 二月吉日」、右側面には「讃州高松住 (ちゅう) 森田新八(じょう) 工 方壽 作」と刻書されている。

高松城天守の鯱について記載されている古文書として「盛衰記(せいすいき) 水」、「小神野茟帖(おがのひっちょう) ()」、「小神野夜話(おがのやわ) (いち)」、「小神野夜話 巻一」、「消暑漫筆 (しょうしょまんぴつ) 壹」が知られている。これらの古文書から、鯱は元々焼き物であり、宝暦7年(1757)まで幾度かの洪水により破損し、同年8月に藩主が鋳物師の新八に修理を命じ、翌年2月に鯱の鋳物が完成したことが分かる。また、付属の胸鰭の裏面には「嘉永(かえい)二歳 酉五月改 鍛冶直造 (せがれ) 源兵衛」の記銘があり、古文書の記録にはないが、嘉永2年(1849)に修理されたことも分かる。

 現在に至る経過についてみると、天守解体の直前になる明治15年(1882)12月30日に撮影されたケンブリッジ大学蔵「高松城天守閣の写真」の鯱は、細身の造りや胴部の反り、二股になる尾鰭の開き具合が酷似していることから、本鯱であると理解される。

 明治17年(1884)の天守解体後は、高松藩家老の御子孫に伝わるところによると、解体を行った陸軍省が鯱2口を払い下げ、1口が神戸の骨董屋、他方の1口が兵庫町の住人により所有された。
 そして後者のものが後に松平家に返却されたとの謂れが残り、昭和29年には、高松城跡とともに本市が所有することとなった。

 以後、本鯱は平成4年に高松市立玉藻公園より高松市歴史資料館に移管され、展示及び保管されている。

 以上より、本鯱は、古式の鋳造方法により製作された、天守に相応しい大形の青銅製品であり、高松城天守鯱として来歴の明白な歴史資料である。また、細身の形態でシンプルな意匠は類例に乏しく、記銘と古文書により年代が確定できる点において、学術的にも高い価値を有するものである。

高松市歴史資料館のマーカーリスト

お問い合わせ

このページは文化財課が担当しています。
〒760-8571 高松市番町一丁目8番15号本庁舎7階
電話:087-839-2660  ファクス:087-839-2659

(高松市埋蔵文化財センター)
 住所:〒760-0017 高松市番町一丁目5番1号
 電話:087-823-2714  ファクス:087-823-2715 

(高松市歴史資料館)
 住所:〒760-0014 高松市昭和町一丁目2番20号(サンクリスタル高松4階)
 電話:087-861-4520  ファクス:087-837-9114 

(高松市石の民俗資料館)
 住所:〒761-0121 高松市牟礼町牟礼1810番地
 電話:087-845-8484  ファクス:087-845-5693 

(高松市香南歴史民俗郷土館)
 住所:761-1402 高松市香南町由佐253番地1
 電話:087-879-0717  ファクス:087-879-1818 

(高松市讃岐国分寺跡資料館)
 住所:〒769-0102 高松市国分寺町国分2177番地1
 電話:087-874-8840  ファクス:087-874-8840 

(菊池寛記念館)
 住所:〒760-0014 高松市昭和町一丁目2番20号(サンクリスタル高松3階)
 電話:087-861-4502  ファクス:087-837-9114 
 
<文化財課>
電話:087-839-2660
ファクス:087-839-2659

Eメール:bunkazai@city.takamatsu.lg.jp

本文ここまで


以下フッターです。

高松市

〒760-8571 香川県高松市番町一丁目8番15号
電話:087-839-2011(代表)
法人番号1000020372013
Copyright © Takamatsu City, All rights reserved.
フッターここまでページ上部へ