このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
高松市公式ホームページ Takamatsu City Official Web Site もっと高松 活力にあふれ創造性豊かな瀬戸の都・高松
  • くらしの情報
  • 観光・文化・スポーツ
  • 事業者の方
サイトメニューここまで

本文ここから

石切り唄

更新日:2018年3月1日

無形民俗文化財

指定区分  市指定無形民俗文化財

指定年月日 昭和57年4月1日

所在地   牟礼町牟礼

解説
 牟礼町と庵治町の境にある八栗山の西麗一帯は、良質の御影石の産地であり、「庵治石」として全国的に有名である。この「庵治石」の歴史は、天正16年(西暦1588年)高松城築城開始の頃にさかのぼると云われている。「石切り唄」も、その頃から始まったと云われている。
 石材の仕事は、文化11年~12年(西暦1814~1815年)の屋島神社の造営に伴い和泉から呼び寄せた石工によって栄え、山で石を掘る「石ほり」と、石垣を築く「石づみ」と、彫刻加工の「石ぼり」の3種類であり、いずれも、ノミ・玄翁・タガネによる単調な作業で、そうした中から1人が歌い、もう1人が合伴をして我流で歌われ、自然に口ずさまれるようになったものが「石切り唄」である。
 石を掘る槌に合わせて歌われる石切り唄は、かつてはノミの高い音とともに、石壁と山にこだまし、山裾の家々にまで聞こえ、石工のねじりハチマキをして、力強い労働をしている様子が手にとるように分かり、情緒があったものである。
 しかし、その唄声も昭和30年代以降、作業の機械化とともに聞かれなくなっていったが、石切り唄保存会が結成され、伝承されている。

お問い合わせ

このページは文化財課が担当しています。
〒760-8571 高松市番町一丁目8番15号本庁舎7階
電話:087-839-2660  ファクス:087-839-2659

(高松市埋蔵文化財センター)
 住所:〒760-0017 高松市番町一丁目5番1号
 電話:087-823-2714  ファクス:087-823-2715 

(高松市歴史資料館)
 住所:〒760-0014 高松市昭和町一丁目2番20号(サンクリスタル高松4階)
 電話:087-861-4520  ファクス:087-837-9114 

(高松市石の民俗資料館)
 住所:〒761-0121 高松市牟礼町牟礼1810番地
 電話:087-845-8484  ファクス:087-845-5693 

(高松市香南歴史民俗郷土館)
 住所:761-1402 高松市香南町由佐253番地1
 電話:087-879-0717  ファクス:087-879-1818 

(高松市讃岐国分寺跡資料館)
 住所:〒769-0102 高松市国分寺町国分2177番地1
 電話:087-874-8840  ファクス:087-874-8840 

(菊池寛記念館)
 住所:〒760-0014 高松市昭和町一丁目2番20号(サンクリスタル高松3階)
 電話:087-861-4502  ファクス:087-837-9114 
 
<文化財課>
電話:087-839-2660
ファクス:087-839-2659

Eメール:bunkazai@city.takamatsu.lg.jp

本文ここまで


以下フッターです。

高松市

〒760-8571 香川県高松市番町一丁目8番15号
電話:087-839-2011(代表)
法人番号1000020372013
Copyright © Takamatsu City, All rights reserved.
フッターここまでページ上部へ