エリア紹介移住イエローページ
エリア紹介
まち

日本一長いアーケード商店街を中心に、自転車15分圏内で、生活に必要なことはほぼまかなえるコンパクト&多機能さが魅力。近年、都心居住を促進する動きから、高齢者や単身世帯向けの住居も整備され始めています。また官公庁や企業の出先機関が集中しているため転出入者が多いのも、このエリアの特徴です。

>>高松みなと散歩

高松中心部
島

高松港からフェリーで20分の女木島、40分の男木島は、いずれも人口200人以下の静かな島。主な産業は漁業で、島民の多くは自家菜園を持っていて、島内を歩くときれいに手入れされた畑が目につきます。高齢化が深刻化する一方、世界的な現代アートの祭典「瀬戸内国際芸術祭」を機に、島を訪れる若者や移住希望者が増えています。

>>さぬき瀬戸しまネッ島 >>女木島観光協会 >>男木地区コミュニティ協議会

女木島・男木島
海辺

高松中心部から車で約30分、牟礼・庵治エリアは、庵治半島沿いに古い町並みが広がる海辺のまち。牟礼町は石材業が盛んで、世界的な彫刻家、イサム・ノグチもアトリエを構えた石と職人のさと。庵治町は、市内でも有数の良港を有する漁師町で、半島沿いにきれいな砂浜や海を見下ろす穏やかな集落が広がります。

>>牟礼町・庵治町あれこれ

牟礼・庵治エリア
山

高松中心部から車で約1時間。徳島県との県境、四国山地の麓に広がる塩江エリアは、高松市では珍しく、積雪が見られる山間地域。県下唯一のブナの原生林があり、1300年の歴史を有する温泉郷としても知られます。近年、豊かな自然を生かし、田畑を耕しながら暮らす移住者が増えています。田舎暮らしが体験できる滞在施設もあります。

>>塩江町観光協会 >>塩江コミュニティセンター

塩江エリア


移住イエローページ
移住前に

移住が決まったら
ページの先頭へ