この場所は:高松市トップこども園運営課トップ:子どもを預けたいとき

子どもを預けたいとき

■子どもを預けたい時

子どもを預ける施設には、教育施設と保育施設があります。家庭の状況等によって、利用施設が変わります。下記の「教育施設とは」と「保育施設とは」をご覧いただき、どちらの施設を利用するかご検討ください。なお、どちらの施設を利用する場合でも、大切なお子さんが過ごす施設になりますので、希望施設に電話をしていただいてから、見学に行っていただくことをお勧めします。

 また、平成27年4月から子ども・子育て支援新制度が始まります。新制度に移行する幼稚園、保育施設等を利用する際には、利用申込みとあわせて支給認定申請を行っていただく必要があります。

●支給認定とは

 子ども・子育て支援新制度では、小学校就学前の子どもの教育・保育を保障するため、「支給認定制度」が導入されました。幼稚園や保育所、認定こども園、地域型保育事業(給付対象施設)の利用を希望する場合、利用申込みのほか、保護者の方やお子様の教育・保育の必要性に応じた「支給認定」を受ける必要があります。この「支給認定」の申請に基づき、市から「支給認定証」を交付します。

 なお、現行制度(私学助成・就園奨励費)のまま運営する私立幼稚園を利用する場合は、支給認定を受ける必要はありません。

 詳しくはこちらをご覧ください。

●幼稚園等とは

 幼稚園等とは、幼児の主体的な活動としての遊びを大切にした教育を行い、心身の発達を促し、生きる力の基礎を育成し、小学校以降の学習の基盤をつくる役割を担う施設です。

3歳(施設によって異なります。)から小学校就学前までのお子さんが利用できます。

  ご利用できる施設として、幼稚園と認定こども園(教育部分)があります。

 詳しくはこちらをご覧ください。

●保育施設等とは

 保育施設等とは、家族が働いている、病気である、看護にあたっているなどの事情により、家庭で保育することができない子どもを、保護者にかわって保育すること、また、通所する子どもの心身の健全な発達を図る役割を持つ施設です。

生後2か月(施設によって異なります。)から小学校就学前までのお子さんの預かりをしております。

 ご利用できる施設として、保育所、認定こども園(保育部分)、地域型保育事業(小規模保育、居宅訪問型保育、事業所内保育)があります。

 詳しくはこちらをご覧ください。



▲上へ戻る