仏生山 法然寺

四国に流された法然上人が身を寄せていた生福寺跡で、高松藩主・松平頼重公が復興し、松平家菩提寺としました。讃岐の涅槃像といわれている釈迦涅槃像、松平家代々の墓所を有し、高松城下から法然寺を結ぶ仏生山街道は「お成り道」と呼ばれており、江戸時代の面影を残しています。

高松市仏生山町甲3215
TEL:087-889-0406