菊池寛記念館ミニコレクション展のお知らせ

菊池寛記念館ミニコレクション展

 菊池寛記念館では、様々なテーマでミニコレクション展を開催しております。普段展示していない収蔵資料の展示もあります。どうぞお見逃しなく!

場 所 菊池寛記念館 研究閲覧室
(高松市昭和町一丁目2番20号 サンクリスタル高松3階)
時 間 午前9時から午後5時(入館は午後4時30分まで)
※初日は午前10時から、最終日は午後3時まで展示
休館日 月曜日(祝日の場合、その翌日)
入場料 無料(ただし常設展示室は入場料が必要です)
お問い合わせ 菊池寛記念館(087-861-4502)

過去の展示内容はこちら⇒平成27年3月から平成29年1月

画像をクリックすると拡大します

悲恋万葉少女

≪開催期間≫平成29年12月16日(土)〜平成30年1月14日(日)

※月曜休館(祝日の場合は翌平日)、12月29日(金)〜1月3日(水)休館

 菊池寛直筆の原稿「悲恋萬葉少女」を展示します。「悲恋萬葉少女」は、「万葉集」巻15の中臣宅守と狭野茅上娘女の贈答歌を元にしたお話で、「婦女界」昭和9年7月号に掲載されました。寛が万葉の歌に色鮮やかに背景をつけている様を、ぜひ御覧ください。

〈主な展示資料〉
○ 菊池寛「悲恋萬葉少女」(原稿)
○ 菊池寛「人生戀すれば 憂患多しと 戀せざるも亦 憂患多し」(色紙)
○ 菊池寛「鐘が鳴るか 撞木が鳴るか 人の心の 中が鳴る」(色紙) など

※展示は一部変更になる場合がございます。

<同時開催>冬のきくち・れきしクイズ

中学生までを対象としたクイズです。

戻る



以下の展示は終了しました。御来場いただき、誠にありがとうございました。

画像をクリックすると拡大します

司馬遼太郎と姫路文学館

≪開催期間≫平成29年10月24日(火)〜12月15日(金)

※月曜休館

 文学探訪(10/31実施)の訪問先!平成28年にリニューアルした姫路文学館の魅力と、司馬遼太郎と播磨について紹介します。

〈主な展示資料〉
○ 司馬遼太郎『播磨灘物語』
○ 谷崎潤一郎『乱菊物語』 など

※展示は一部変更になる場合がございます。

画像をクリックすると拡大します

岡本一平 かの子と太郎

≪開催期間≫平成29年7月15日(土)〜9月3日(日)

※月曜休館(祝日の場合は翌平日)

 現代漫画の父・岡本一平と、その妻かの子。二人が「奇妙な夫婦生活」を送ったことはあまりに有名です。一平が称賛を受けた夏目漱石や、かの子が憧れた芥川龍之介など、文士との関わりを中心に、芸術一家・岡本家を紹介します。

〈主な展示資料〉
○ 写真「菊池寛と岡本夫妻」
○ 岡本一平から菊池寛宛の書簡
○ 岡本一平「画賛色紙」
○ 岡本かの子『老妓抄』 など

※展示は一部変更になる場合がございます。

<同時開催>夏のきくち・れきしクイズ

中学生までを対象としたクイズです。

画像をクリックすると拡大します

壺井栄没後50年 復刻原稿で読む 二十四の瞳

≪開催期間≫平成29年6月13日(火)〜7月14日(金)

※月曜休館

 本年は壺井栄の没後50年の節目となります。今もなお人々の心をうつ名作「二十四の瞳」を、復刻原稿でぜひあらためてご覧ください。

〈主な展示資料〉
○ 壺井栄「二十四の瞳」 復刻版原稿
○ 壺井栄直筆色紙
○ 映画「二十四の瞳/君に誓いし」パンフレット など

※展示は一部変更になる場合がございます。

画像をクリックすると拡大します

萩原朔太郎『月に吠える』

≪開催期間≫平成29年5月9日(火)〜6月11日(日)

※月曜休館

 萩原朔太郎の第一詩集『月に吠える』が刊行されてから今年でちょうど100年を迎えます。近代人の孤独や憂鬱を鋭い感覚でとらえ、口語の音楽性を追求した『月に吠える』は、日本近代詩の新しい誕生を示すものとして、後の詩壇に大きな影響をあたえました。
 本展では、朔太郎とその作品の魅力を紹介します。

〈主な展示資料〉
○ 萩原朔太郎『月に吠える』(復刻版)
○ 萩原朔太郎『青猫』(復刻版)
○ 萩原朔太郎「ソライロノハナ」(複製原稿)
○ 萩原朔太郎「情慾」(複製原稿) など

※展示は一部変更になる場合がございます。

画像をクリックすると拡大します

みんな知ってる!?菊池寛賞

≪開催期間≫平成29年3月25日(土)〜5月7日(日)

※月曜休館

 菊池寛は若い作家を育成するために、芥川龍之介賞と直木三十五賞を創設しました。その一方、先輩作家の業績を讃えるために創設したのが菊池寛賞です。戦争の影響で第6回で中止となってしまいましたが、戦後復活し、様々な分野で活躍した人を讃える賞となりました。こち亀の作者、暮しの手帖、バドミントンのタカマツペア…みんな知ってるあの人も!?受賞している菊池寛賞について紹介します!

〈主な展示資料〉
○ 徳田秋聲『仮装人物』
○ 吉川英治『吉川英治全集』
○ 「吉川英治宛 第1回菊池寛賞贈呈通知」 など
※展示は一部変更になる場合がございます。

<同時開催>春のきくち・れきしクイズ

中学生までを対象としたクイズです。


戻る

↑このページの上へ